好き 同士 なのに なぜ。 好き同士の別れから復縁までの道のり!可能性をグンッと高くする方法|元カレと復縁して彼の笑顔を取り戻す方法|まどかの復縁計画

DV男の心理とは?なぜ暴力を?

好き 同士 なのに なぜ

「失恋」というと、普通は実らなかった片思いや付き合っているカップルのうち片方が気持ちの冷めから別れを切り出して関係が終わる・・・というのを想像するはず。 しかし、中には「好きだけど別れる」という選択肢を選ぶカップルもいるのです。 好き同士にも関わらず、彼らはなぜ「別れ」という選択をしたのでしょうか?今回は、実際に話を聞いてみました。 大好きだったからこそ会えたときすら『また寂しい毎日が来る』と思い、つらさに耐えきれなかったんです」(22歳/女性/大学生) 恋愛では、相手のことを好きであればあるほど反比例するように「苦しみ」が増すことがあります。 例えば、この女性のように遠距離恋愛はその代表とも言えるでしょう。 お互いを取り巻く環境など「好き」だけでは変えられないことに直面したとき、「別れ」がふたりにとってベストな選択になるという場合もあるんですね。 仕事が楽しくて、恋愛するより仕事をしてたかったんです。 円満なお別れだったので元カノとは今でも仲いいですよ」(28歳/男性/商社) カップルの付き合い方は人それぞれですが、恋愛は時間や労力を必要とする場合が多いもの。 ときには、恋愛に使うエネルギーを他のものに使いたい!ということもあるでしょう。 「恋愛よりも大切なこと」にエネルギーのベクトルを向けるということは、彼氏・彼女のことが好きではなくなることとイコールではありませんよね。 「好き」のまま離れるのであれば、タイミング次第でいずれ復縁することも大いに考えられそうです。 彼もそう感じていたようで、話し合った末に恋人関係を解消しました」(21歳/女性/アパレル) 「好き」という感情も、相手によって様々なものがあります。 恋人に対する「好き」もあれば、家族や友人に対する「好き」もあり、気づかぬうちに変わってしまっていることだってあるのです。 男友達に対しいつの間にか恋心を抱いていた・・・というのもよく聞く話ですよね。 もちろん、「好き」の形が変わっても、それがまた変わらないとは限りません。 これを機に、自分の「好き」が誰に対して、どのような感情なのかぜひ振り返ってみてくださいね。 考えた末に、『結婚したいなら俺はその期待に応えられない』と話し合って別れました」(27歳/男性/メーカー) 「好き」という感情は共通していても、その先に描く未来のビジョンや目標は人それぞれ。 それが一致しなかった場合、お互いまたはどちらかが歩み寄るか、別れるかしかありません。 相手と自分の幸せを考え抜いた結果が「別れ」というのは、どうにも皮肉めいた結論かもしれません。 しかし、他人同士が深く関わり交わる恋愛で、「相手や自分の未来」を見据えて考え抜くことは、今後の恋愛で間違いなく経験として生きてくるはずですよ。 でも、「好き同士なら何が合っても付き合い続ける」ということだけがベストな選択肢ではないというケースもあるのです。 大切なのは、その時々でふたりが最適な関係を考え、決断していくことではないでしょうか。 どんな形であれ、お互いの幸せを考えることができる関係って、一番素敵かもしれませんね。 (桃花/ライター) (ハウコレ編集部).

次の

好き避け同士かもしれない状況(お互いにはっきりとした気持ちはわかり

好き 同士 なのに なぜ

なぜか惹かれる相手というのは、スピリチュアル的観点からは、今世の自分に改革・学びを与える影響力のある人という見方ができます。 その中には、運命の人も含まれています。 一方で、それだけではなく、前世からの因縁の相手である場合も、その浄化のために出会うケースもあります。 自分の運命は自分で作り上げる スピリチュアルの世界では、というものがあると考えられています。 宿命は、生まれてきた時代、国など、すでに自分では動かすことができないものを指します。 運命は、自らの力で作り上げていくもので、すでに決まっていることではないという捉え方をします。 今世をより良いものにするために、前世からの因縁の相手とのは解消していきましょう。 そして、運命の人との出会いのチャンスを逃さないように、自分自身をしっかり見つめることが大切です。 一方、 運命の人の場合には、はじめて会った気がしないため、通常の初対面の緊張感はなかったりします。 前世でも会ったことのある魂同士 この肉体をまとった状態での出会いは、今世ではじめてであっても、魂同士は前世ですでに会ったことがあるというケースもあります。 表面的には前世の記憶が無かったとしても、魂には前世の記憶が刻まれています。 なぜか初対面でまだ何も知らないのに、惹かれてしまうということが起こったりします。 生年月日や血液型など診断基準はたくさんあります。 そんな相手の情報を何も知らないにもかかわらず、 運命の人とは同じ空間にいる時に、パーソナルスペースを感じなかったりします。 パーソナルスペースとは、人が近くにくると不快を感じる空間のことで、対人距離と表現されたりします。 オーラの相性が良い 通常は、仲の良い人同士などは、パーソナルスペースが狭くなり、近くにいても不快を感じにくくなります。 逆に、相性が悪い人とは、パーソナルスペースが広くなり、一定の距離をとらないと一緒にいると不快感が増してしまいます。 スピリチュアル的視点からは、誰もがオーラをまとっています。 そのオーラの相性がパーソナルスペースに、「心地良い・不快」という感覚となり現れたりします。 外見や仕事など、こんな人と出会えたらいいのにと、普段から想像を膨らませていることもあるでしょう。 そんな 自分の想像していた条件の人ではないのに、強く惹かれる感覚がある場合には、運命の人の可能性もあります。 2人に共通のエピソードが存在している そんな人と出会ったなら、勇気を出して積極的に会話をしてみましょう。 どこかに、2人をつなぐ共通点が見つかったりします。 例えば、子供の頃住んでいた地域や国が一緒であったり、家族の誕生日や命日など数字にまつわるものに共通点があったり。 その2人にしかわからない、ぐっと引き寄せられるようなエピソードが存在していたりします。 それでも、なぜかいつも同じ失敗を繰り返すこともあり、落ち込んでしまうこともあるでしょう。 そんな時に、 自分でも気づいていなかった部分を教えてくれる人は、運命の人の可能性もあります。 何度も立場を変えて出会っている魂同士 生まれ変わりを繰り返す中で、何度も立場を変えて出会っている魂同士もあります。 親子、兄弟、友人、恋人などさまざまな関係性の中で、欠けた部分の学びを共に行っている魂同士もあります。 そんな魂は、過去世でも、うまくいかなかったことを知っていたりします。 相手が「こうすればよいのでは?」と何気なく言ったつもりの言葉でも、魂に刻まれた記憶から生まれたアドバイスであったりします。 すぐに結ばれる運命の魂同士は、結ばれるべき適切な時期に出会いを迎えていたりします。 一方、 惹かれ合っているにもかかわらず、なぜかタイミングが合わず結ばれない場合もあります。 学びの終わりがくれば結ばれる 惹かれ合っていた魂同士が、久しぶりの再会でも気持ちが変わらない場合は、運命の人の可能性もあります。 いつも再開した時には、どちらかに恋人がいるなど、サイクルがすれ違いばかりの場合でも、単に縁がないということではなかったりします。 2人が結ばれるには、お互いにまだ学ばなければいけない課題が残っていたりするケースもあります。 いずれ、学びの終わり時がくれば、誰も傷つけることなく、2つの魂が自然な形で結ばれる時が訪れたりします。 、前世も含めたこれまでの過去世で、なんらかの理由で傷つけてしまった相手のことです。 完璧な魂など存在していなく、すべての魂はどこか未熟な部分を必ず持っています。 そんな未熟さから、傷つけ合ってしまったカルマメイトとは、その浄化のために出会うことになります。 浄化が成された後は自然な別れが訪れる カルマメイトとは、出会って間もない頃などは、一見運命の人のような関係性になったりします。 そこで、前世でうまくいかなかった部分をやり直す機会が与えられることになります。 前世と同じような状態にならないように、成長した対応ができると、浄化がなされ自然な別れが訪れることになります。 人から発せられる波動は、いつも一定な状態ではありません。 充実した生活を送れているという自覚がある時には、高い波動を発していたりします。 一方、落ち込んでいるときなどは、波動は低くなってしまいます。 そんな 低い波動の時に引き寄せてしまった相手を、運命の人と勘違いしてしまうケースもあります。 その時の波動が引き寄せた相手 うまくいかないことが続き、自暴自棄になっている時の波動が引き寄せた相手とは、その時は一瞬気持ちが救われたような気持ちになります。 しかし、自分の波動が元の自分らしさを取り戻した時には、違和感のある相手であることに気づくことになるでしょう。 そして、違和感があることを認識していても、運命の人に違いないという思いから、正常に物事を見ることができなくなっていきます。 そんな時は、友人など周囲の人は冷静な判断ができたりします。 しっかりと聞く耳を持ち、自分を取り戻す行動をとるようにしましょう。 今世になってから、これまでに自分が作り上げてしまったものも存在しています。 例えば、自分がうまくいっている時に、周囲の人に横柄な態度をとり続けてきたという時期があったとします。 自分が幸せを感じている時には、周囲の人の気持ちの変化をくみ取ることに鈍感になってしまうこともあります。 知らず知らずのうちに、周囲の反感をかってしまっている場合もあります。 自分がまいたものと同等のマナスエネルギーを受ける これまで自分がしてきたことと同等の苦しみを、別の角度から味わうことになるケースもあります。 運命の人だと思っていた人から、突然裏切られるなど。 その人は運命の人ではなく、その悲しい気持ちを学ぶ必要があったから、その状況になるという場合もあります。 例えばAさんはBさんといると心穏やかに過ごすことができたとしても、Cさんと一緒にいるとうまくかみ合わずイライラしてしまうなど。 そのような現象は誰にでも起こることです。 さまざまなパターンの相性がスピリチュアルの世界では存在しています。 出会ってしまうと無条件に引き寄せられてしまいます 惹かれてしまう好きな人のパターンの1つに、磁石のように引き寄せ合う関係があります。 磁石のS極とN極のように、 出会ってしまうと無条件に引き寄せられてしまいます。 お互い異なった気質なので、わかり合えるというよりは、衝突しながらもどんどん前進していきます。 異なった者同士の方が新たなものを形成しやすく、結婚まで短時間で進み2人の間に子供も生まれやすいといわれています。 趣味など好きなものが一緒であったり、物事の捉え方が似ていたりという、 もうひとりの自分に出会ったような相手に惹かれる場合があります。 出会ってすぐに意気投合 考え方が似ているので、一緒にいて疲れることはありません。 言葉にしなくても気持ちがわかってもらえるため、 出会ってすぐに意気投合していきます。 長い付き合いになると離れたくなる しかし長い付き合いになると、欠点も共通していることが多いので、立場が同等の恋愛関係では、自分のイヤな部分を目の前で見ている感覚になり、離れたくなる場合があります。 ドラマのような出会った瞬間に好きになるということは少なく、同じ環境で長く過ごしている中で、 いつの間にか空気のようになくてはならない存在になっていたというような関係です。 2人の生活を大切に過ごしていく どちらかが相手を責めたり攻撃したりすることはなく、2人でいると落ちついた、とても居心地の良い空間が広がります。 いつの間にかかけがえのない、離れることができない関係になっています。 お互いが思いやる心が強いため2人で調和がとれてしまい、新たな物事を追求する力は弱く、 結婚しても子供を持たず、2人の生活を大切に過ごしていく傾向にあります。 無条件に惹かれ、2人だけで形成した幸せの世界が存在します。 お互い夢の中にいるようで、好きな相手のためならなんでもできるような感覚になります。 トラブルには弱い 2人の愛は確かなものなのですが、現実は2人だけの世界だけで生きていくわけではなく、社会の仕組みの中で生活をしていかなければなりません。 トラブルには弱く、現実に何か起こった時には、うまく対応ができなかったりします。 どちらかというと結婚相手というよりは、 不倫関係になる相手との相性でみられる関係です。 特に相性が良いわけではないのに、なぜか一緒に過ごすことに抵抗はなく、むしろなくてはならない相手としての位置付けになったりします。 冷静に相手を分析した上で、好きの感情が湧いてくる感覚 恋愛感情からというよりは、お互いの持っている技術がすばらしかったり、目指す目的が一緒であったりする場合があります。 いつも甘い関係というよりは、 冷静に相手を分析した上で、好きの感情が湧いてくる感覚です。 競い合う関係になるとライバル心が生まれてしまう お互い尊敬の念があるうちは問題がありませんが、 競い合う関係になるとライバル心が生まれてしまうので注意が必要です。 あまりお互いに干渉し合わない方がうまくいきます。 相手が何を考えているのかわからないところに魅力を感じ、好きになってしまいます。 人は相手に魅力を感じる時には、自分のことを理解してくれる人を好きになる場合だけでなく、 相手が振り向いてくれなくても、自分とは異なった未知の部分を持っている人に惹かれることもあります。 以前の自分では考えられないような成長 この場合、相手になんとか振り向いてもらうために、相手の世界に入り込んでみたりして、 以前の自分では考えられないような成長をいつの間にか遂げていたりします。 スピリチュアルの世界ではというものが存在していると考えられています。 自分で行った悪いことも良いことも、いずれ自分に返ってくるというものです。 カルマメイト 前世で何らかの形で相手を傷付けてしまったままで終わっていた場合、今世で として出会うことがあります。 引き寄せられるような出会いをし、強く惹かれることになりますが、 いずれ今度は自分が裏切られてしまうという関係性のものも存在しています。 前世の恩返し 逆に、前世で相手に良い行いをしていた場合には、今世で出会うと、相手が前世の恩返しをしようとする行動になります。 困っている時に無条件で助けてくれるような関係です。 スピリチュアルの世界では、魂は今世だけのものではないと考えられています。 過去世から今世そして来世へとつながっていきます。 今世ではじめて深い関係になった2人であったとしても、その関係は今世だけで終わらず、来世でも出会うことになっている魂同士の場合もあります。 来世でも再びめぐり会える それぞれの魂は、成長と浄化のために肉体をまとい生活していますが、その成長はいっきに進むものでもありません。 少しずつ歩みながら進歩しています。 たとえ2人が目指した世界が途中で終わりを迎えたとしても、お互いが望み、そこに使命が存在するのであれば、 来世でも再びめぐり会えると考えられています。 なぜか惹かれる人に出会ったら スピリチュアルの世界では、というものがあると考えられています。 同じ波動を持つ者同士は、自然に引き寄せ合うという法則です。 なぜか惹かれる人に出会ったなら、まず今の自分の状態を振り返ってみましょう。 心は安定しているでしょうか?• 自暴自棄になっていないでしょうか?• 他者を気遣うだけの心の余白が存在している状態でしょうか? 引き寄せたくないマイナスの因縁を、運命の人と勘違いしないように、自分らしくベストな精神状態であるか確認する必要があります。 そして、しっかりとした自分を持った上で、積極的にコミュニケーションをとってみましょう。 運命の人であれば、自分にしかわからないサインが必ず見つかるはずです。 惹かれる人に出会っていない人は これまで、惹かれる人に出会っていない人でも、あせる必要もあきらめる必要もありません。 運命は、それぞれ自分自身で作り上げていくものです。 前世も含めて過去世でこれまで自分の魂が行ってきたことは、消すことはできません。 現世に生まれてきているということは、何かしらのカルマが存在していることになります。 しかし、 今からの未来を自分らしくしっかり生きていく中で、カルマの解消が成され、新たな幸せを築いていくことができます。 その先には、誰のもとにも、運命の人との出会いのチャンスは訪れてきます。

次の

好き避け同士かもしれない状況(お互いにはっきりとした気持ちはわかり

好き 同士 なのに なぜ

DV男の心理 どうしても離したくない 一見、「だったら暴力なんてしないで」と思うかもしれませんが、DV男は好きな人を離したくないがために、暴力を振るってしまうということがあります。 DV男は、女性が自分のもとから離れてしまうのではないかという危機感と焦りから、相手を怖がることによって、近くに置いておきたいという気持ちがあることも。 例えばDVされた側の女性は、「怖い」「何されるか分からない」と思うでしょう。 それと同時に、「逃げたらどんなことされるんだろう」「別れ話をしたらキレるのかな」という不安を持ち、なかなか彼と別れることを決断できなくなります。 自分に自信のない男性は、女性が自分のもとから消えてしまうのではないかという恐怖心に負けてしまい、暴力によって女性を近くにいさせようとしているのです。 いわゆる一種の脅しの状態で、暴力という圧によって、押さえつけて離れないようにしているのでしょう。 女性を好きなことには変わりないものの、自信がないために力で押さえつけようとしているため、矛盾した愛情表現になっています。 自分に素直になって「離れないでほしい」と言えないことが、DV男への豹変と繋がっているのです。 スポンサーリンク 好きなら従ってほしい かなり上から目線の恋愛をするタイプのDV男。 相手の女性が自分のことを本気で好きなら、「これくらいしてくれるだろう」「こうしてほしい」という期待を持つため、裏切られたり嘘をつかれた際に、「好きじゃないんだな」という怒りに変わってしまいます。 好きな人のためならなんでもできるという恋愛の価値観を持っている可能性が高く、その価値観を女性にも押し付けている状態です。 「できないというなら好きではない証拠」「歯向かうなら好きとは言えない」といったように、好きな気持ちがある相手に対して、従うのが当たり前という感覚を持っているのでしょう。 お互い好き同士であっても、譲れないこと、受け入れられないことがあるのは当然ですが、それをよく理解していないのがDV男です。 付き合う=相手の言うことを聞くという考えを持っている限りは、彼に逆らったり断ることはDVに繋がってしまいます。 人それぞれの価値観がある、好きでも許せないことがあるという考えを持たせる必要があり、相当な時間と努力が必要となります。 ひどくなっていくと、まるで彼の奴隷状態になることもあるでしょう。 もっと愛情がほしい 意外と多く見られるのが、幼少期の愛情不足によるDVです。 両親が共働きでなかなか相手にしてもらえなかった、否定ばかりされて大切にされていなかった、実親からDVの被害にあっていたなど、幼少期の事情によってDV男へと変わってしまったケースは多く見られます。 こうした男性の場合、付き合った女性に強く大きな愛情を求めてしまうため、それを感じられないとDVしてしまうという人がいるのです。 「もっと愛情を感じさせてほしい」「もっと表現してほしい」「裏切らないと誓ってほしい」など、自分を見て欲しい欲求が強く、同時に強い愛情を求めます。 またこうした男性の場合は、見返りを求めてしまうこともあります。 「自分がこうしたんだから、彼女はこうするべき」という思いの中で付き合っているため、自分の愛情だけが一方通行だと感じた場合にも暴力を振るってしまうことがあるのです。 このような男性の場合は、どんな女性が相手でもDV男へと豹変してしまうため、根本的な原因や問題を解消しない限り、間違った恋愛の仕方をし続けます。 彼へ愛情をたっぷりと注いだからといって、彼の中ではもっとエスカレートし、「もっともっと」という欲求が出てくるのです。 過去を変えることはできず、大人になった今その時に必要だった愛情を与えることはできません。 愛情不足によって、大人になった時、こうした問題が出てくることを、一つの知識として頭に入れておきたいものですね。 まとめ DV男と一緒にいることは、ストレスになったり恐怖となったりと、あまり良いことはありません。 ただ、中には「優しいところもあるから」「普段の彼は違うから」と、彼を受け入れ付き合い続ける女性もいます。 付き合い続けていきたい、向き合っていきたいと感じている女性であれば、彼の隠れた思いを覗いてみると、一つの糧になるかもしれませんね。 DV男と向き合うことは非常に難しく、忍耐も必要になってくる恋愛です。 無理をせず、時に距離を置くなどしながら向き合っていくと良いでしょう。

次の