思想犯 歌詞 意味。 Thought Criminal (思想犯) の歌詞

誤用が多い?『確信犯』の本当の意味とは?由来、使い方も解説!|ワードバンク

思想犯 歌詞 意味

I made a deal with the holy ghost 歌詞の意味: 私は聖霊と契約しました。 I made a plan to preserve the peace 歌詞の意味: 平和を維持するために計画を作られました。 Before I started I lost my guts 歌詞の意味: 私は私の内臓を失ったを始める前に Saw traces of the past destroyed 歌詞の意味: 過去の見た痕跡を破壊 Always thought I could write it down 歌詞の意味: それを書くことができると思っていた Where'd it go, and you read my mind 歌詞の意味: どこそれが行くだろうし、私の心を読む Make an enemy like a friend that never existed 歌詞の意味: 決して存在していた友人のように敵を作る I let you get to me 歌詞の意味: 私は私に得ること I let you get to me 歌詞の意味: 私は私に得ること I let the ability to stay collected keep my head 歌詞の意味: 私の頭に滞在収集維持する能力をさせてください。 I thought I knew everything 歌詞の意味: 私はすべてを知っていると思った I thought I knew what it meant to me 歌詞の意味: 私はそれが私に何を意味を知っていたと思った Turns out I don't know anything 歌詞の意味: 何も知らないことが判明します。 Just know enough to keep my head 歌詞の意味: ちょうど私の頭を維持する十分を知っています。 And just play dead 歌詞の意味: ちょうど死んだふりと Is the criminal in your thoughts 歌詞の意味: 自分の考えで犯罪者です。 Like a poppy that blessed the fields 歌詞の意味: ポピー フィールドを祝福するような And the price that is on my head 歌詞の意味: 私の頭には価格 Inflates the cost of smut magazines 歌詞の意味: ポルノ雑誌のコストを膨らま Just take a look at what we believe 歌詞の意味: 私達が信じる何をだけ見てください。 Selling freedom to slavery 歌詞の意味: 奴隷に自由を販売 You have us screaming that 歌詞の意味: 叫んでいた私たちがあります。 War is peace 歌詞の意味: 戦争は平和で And strength is ignorance 歌詞の意味: 強度は無知と I let you get to me 歌詞の意味: 私は私に得ること I let you get to me 歌詞の意味: 私は私に得ること I let the ability to stay collected keep my head 歌詞の意味: 私の頭に滞在収集維持する能力をさせてください。 I thought I knew everything 歌詞の意味: 私はすべてを知っていると思った I thought I knew what it meant to me 歌詞の意味: 私はそれが私に何を意味を知っていたと思った Turns out I don't know anything 歌詞の意味: 何も知らないことが判明します。 Just know enough to keep my head 歌詞の意味: ちょうど私の頭を維持する十分を知っています。 And just play dead 歌詞の意味: ちょうど死んだふりと Just play dead 歌詞の意味: ちょうど死んだふり I let you get to me 歌詞の意味: 私は私に得ること I let you get to me 歌詞の意味: 私は私に得ること I let the ability to stay collected keep my head 歌詞の意味: 私の頭に滞在収集維持する能力をさせてください。 I let you get to me 歌詞の意味: 私は私に得ること I let you get to me 歌詞の意味: 私は私に得ること I let the ability to stay collected keep my head 歌詞の意味: 私の頭に滞在収集維持する能力をさせてください。 I thought I knew everything 歌詞の意味: 私はすべてを知っていると思った I thought I knew what it meant to me 歌詞の意味: 私はそれが私に何を意味を知っていたと思った Turns out I don't know anything 歌詞の意味: 何も知らないことが判明します。 Just know enough to keep my head 歌詞の意味: ちょうど私の頭を維持する十分を知っています。 And just play dead 歌詞の意味: ちょうど死んだふりと このページは、歌手 思想犯 によって作成された 空の海 のアルバムに収集された 使用されます。 の歌詞を提供するように設計されています。 次のテキスト バージョンの 思想犯 を読むことができます。 同じアルバム内の他の曲に興味がある場合は、[思想犯] をクリックしてください。 同じ歌手のアルバムの包括的なリストを検索するには、[使用されます。 ] をクリックしてください。 あなたはそのような歌詞を愛する場合は、あなたのお気に入りにこのページを追加することができます。 便宜上、思想犯の画像版をダウンロードして印刷したり、メール、Twitter、Instagram、Pinterest、Google、Reddit、VKなどを介して友達と共有することもできます。 このページの最後には、アラビア語、チェコ語、デンマーク語、ドイツ語、ギリシャ語、フィンランド語、フランス語、ヘブライ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、韓国語、オランダ語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、タイ語など、他の42の言語で思想犯の歌詞が表示されます。 一方、PDF版の歌詞が必要な場合、または思想犯のMP3を無料でダウンロードしたい場合は、私たちに書いてください。 一方、このアルバムに収録されていない他の曲をご存知の方は、お気軽にお問い合わせください。 データベースの次回の更新時に含めます。

次の

【ぬゆり/命ばっかり】の歌詞の意味を徹底解釈

思想犯 歌詞 意味

楽曲の配信日に公開されたMVの概要欄では、楽曲について 思想犯というテーマは、ジョージ・オーウェルの小説「1984」からの盗用である。 そして盗用であると公言したこの瞬間、盗用はオマージュに姿を変える。 盗用とオマージュの境界線は曖昧に在るようで、実は何処にも存在しない。 逆もまた然りである。 オマージュは全て盗用になり得る危うさを持つ。 この楽曲の詩は尾崎放哉の俳句と、その晩年をオマージュしている。 それは、きっと盗用とも言える。 というコメントが残されています。 「盗用」は悪意による他者の作品の不正使用であり、 「オマージュ」は作者への尊敬から似たような作品を創作すること。 「盗作」というアルバム名からは主人公が非情な人物であるように思えますが、それはあくまで「オマージュ」の別の側面であるということがここで強調されています。 尾崎放哉は1世紀ほど前の時代を生きた代表的な詩人です。 一体彼の晩年をオマージュした詩とはどのようななのでしょうか。 歌詞の考察に移る前に、まずはタイトルの意味を読み解いていきます。 楽曲名「思想犯」とは 先述の通り、 「思想犯」という楽曲テーマはジョージ・オーウェルの小説 「1984」をオマージュしたものです。 この小説の舞台は、巨大な国家により国民の思想・言語・結婚などあらゆる市民生活に統制が加えられている世界。 物語の主人公は国家により極刑相当の 「思想犯罪」と定められた 「ノートに自分の考えを記して整理する」行為に手を染めています。 また辞書的に言えば、 「思想犯」とは 「国家体制に相反する思想に基づく犯罪。 また、その犯人。 」のこと。 例えば戦時中の日本での反戦運動や社会主義運動なんかがこれに当たります。 楽曲の主人公は小説の世界ならば「思想犯罪」にあたる詩を書き連ねる音楽家であり、自らの信念のもとに犯罪を犯そうと目論んでいる危険な人物。 その意味で、楽曲タイトルには 「思想犯」という言葉が用いられているのではないでしょうか。 この楽曲名が歌詞の内容とどう関与しているのでしょう。 スポンサーリンク 歌詞 他人に優しいあんたにこの心がわかるものか 人を呪うのが心地良い、だから詩を書いていた 朝の報道ニュースにいつか載ることが夢だった その為に包丁を研いでる 硝子を叩きつける音、何かの紙を破くこと、 さよならの後の夕陽が美しいって、君だってわかるだろ 烏の歌に茜 この孤独も今音に変わる 面影に差した日暮れ 爪先立つ、雲が焼ける、さよならが口を滑る 認められたい、愛したい これが夢ってやつか 何もしなくても叶えよ、早く、僕を満たしてくれ 他人に優しい世間にこの妬みがわかるものか いつも誰かを殴れる機会を探してる ビール瓶で殴る街路灯、投げるギターの折れる音、 戻らない後悔の全部が美しいって、そういうのさぁ、僕だってわかるのに 言葉の雨に打たれ 秋惜しむまま冬に落ちる 春の山のうしろからまた一つ煙が立つ 夏風が頬を滑る 他人に優しいあんたにこの孤独がわかるものか 死にたくないが生きられない、だから詩を書いている 罵倒も失望も嫌悪も僕への興味だと思うから 他人を傷付ける詩を書いてる こんな中身のない詩を書いてる 君の言葉が呑みたい 入れ物もない両手で受けて いつしか喉が潤う その時を待ちながら 烏の歌に茜 この孤独よ今詩に変われ さよなら、君に茜 僕は今、夜を待つ また明日。 口が滑る 作詞:n-buna 歌詞の意味・解釈 1番 他人に優しいあんたにこの心がわかるものか 人を呪うのが心地良い、だから詩を書いていた 朝の報道ニュースにいつか載ることが夢だった その為に包丁を研いでる 「思想犯」という鮮烈で物騒なタイトルからもわかるように、主人公は行動に移せば逮捕されかねないような、 危険な思想を胸に抱いています。 「他人に優しいあんたにこの心がわかるものか」 誰にも理解してもらえないような、いくらか歪んだ価値観を持つ主人公。 包丁を研ぎ、誰かを殺してでもいいから世間の注目を集めたいという考えはまさに「思想犯」と呼ぶにふさわしいものでしょう。 誰かを殺す快感を味わいたいだとかそういう動機ではなく、朝のニュースで報道されることが夢。 あくまで主人公の思想の根底にあるのは、 「誰かに知ってもらいたい、受け入れてもらいたい」というある種の自己顕示欲のようです。 何故人を呪う詩を書くことにとどまらず殺人のような大々的な犯罪を望んでいるのか、というその理由は次の歌詞で明かされています。 硝子を叩きつける音、何かの紙を破くこと、 さよならの後の夕陽が美しいって、君だってわかるだろ さよならの後の 夕日は美しい。 少々抽象的な表現ではありますが、恐らくここで歌われているのは 「戻らない物は美しい」ということです。 叩きつけられて砕けたガラスも、破かれた紙も、一度終わってしまえば二度と戻ることはありません。 例えば花火だって、一瞬ではじけ飛んでしまえばそれでお終い。 しかしながら、だからこそその最後の瞬間は美しく輝くのです。 ガラスも紙も花火も、人間関係も。 どれだけ悔やんだって戻らないからこそ、戻らない物には美が宿ります。 物語の最後のさよなら、そしてその後の夕日はこの世の何よりも美しい。 だから主人公は、ニュースで報道されるような犯罪でこのつまらない毎日に劇的な結末を与えることを夢見ています。 楽曲で登場する「君」との関係も、美しい「さよなら」で幕が閉じられることを切望しています。 戻らない結末を与えることで、美しいものとして人生や人間関係を締めくくろうとしているのです。 サビ1 烏の歌に茜 この孤独も今音に変わる 面影に差した日暮れ 爪先立つ、雲が焼ける、さよならが口を滑る ここで描かれている情景は、 主人公が夢見る最後の景色でしょう。 君の面影に夕陽がさし、雲は焼き立つように赤く照らされる美しい街の中、主人公は「さよなら」という言葉を口を滑らせたように静かに告げる。 主人公の抱える孤独も音に変わり街に消えていく。 そこに待つ景色は、きっと誰が見たって美しいものに違いありません。 主人公はそんな結末を夢に見ているのです。 2番 認められたい、愛したい これが夢ってやつか 何もしなくても叶えよ、早く、僕を満たしてくれ 他人に優しい世間にこの妬みがわかるものか いつも誰かを殴れる機会を探してる 認められたい、愛したい。 主人公の夢は満たされないままに、ねじ曲がった形へと変わっていきました。 きっと世間にはこんな妬みがわかるはずがない。 きっと誰にもこの憂鬱は理解してもらえない。 そう感じて正常な認められ方、愛し方を放棄した主人公は、いつだって誰かを殴り、傷つける機会を探しています。 ビール瓶で殴る街路灯、投げるギターの折れる音、 戻らない後悔の全部が美しいって、そういうのさぁ、僕だってわかるのに ビール瓶もギターも人間も、破壊してしまえばそれまで。 一度それらを破壊してしまったその後には 戻らない後悔だけが残ります。 しかし青春が人生で何より輝いているように、戻らない後悔はきっと何よりも美しい。 だから何かを壊して、世間の注目を集めて、君に「さよなら」を告げて、すべてを戻らない過去にしてしまいたい。 人生を美しく締めくくりたい。 ここまでの歌詞でずっとそう歌い続けてきた主人公。 「 そういうのさぁ、僕だってわかるのに」 しかしここからの歌詞では急に雲行きが変わり始めます。 サビ2 言葉の雨に打たれ 秋惜しむまま冬に落ちる 春の山のうしろからまた一つ煙が立つ 夏風が頬を滑る 2番のサビの歌詞は一見すると時間の経過を表しています。 「戻らない後悔の全部が美しいって、そういうのさぁ、僕だってわかるのに」 大犯罪を犯して戻らない後悔を作りたいと願いながらも、結局そんなことはできず月日だけが流れていきます。 主人公は何故犯罪を犯せないのか。 ここで注目したいのが 「 春の山のうしろからまた一つ煙が立つ」という歌詞です。 公式のコメントにもあった自由律俳句の代表的詩人・尾崎放哉の句に 「はるの山のうしろから けむりが出だした」というものがあります。 ここでの歌詞は明らかにこの句を模したもの。 アルバムのタイトルになぞらえて言うなれば「盗作」です。 これは41歳でこの世を去った尾崎放哉が人生の最後に残した句であり、 「死期を悟った放哉が故郷の山を懐かしみ詠んだ句である」とする解釈があります。 海に憧れ、各地を渡り歩いた放哉が最後に思い浮かべた景色は結局懐かしい故郷のものだった、というわけです。 ここから想像するに、 楽曲中の主人公も美しい終わりを望みながら、結局は 思い出へ執着しているのではないでしょうか。 全てを美しく終わらせようとしても、戻りたい過去が頭をよぎる。 戻らない後悔をしたいと願いながらも、過去を懐かしみ誰かを想う気持ちが主人公を妨げているのです。

次の

死線 歌詞『獅子志司』

思想犯 歌詞 意味

つまり、ヨルシカの『思想犯』には元ネタがあるということです。 タイトルと歌詞のオマージュ先は同一のものではありません。 タイトルと歌詞の結びつきを考察する前に、それぞれのオマージュ先とその内容を明らかにしていきましょう。 まずタイトルの『思想犯』とは、イギリスの作家であるジョージ・オーウェルの小説『1984』からの引用です。 『1984』は1948年に執筆され翌年に出版されたディストピア小説です。 全体主義国家によって分割統治された近未来を舞台としており、監視社会の恐怖を描いた当時の世界情勢を危惧する内容となっています。 つまり、これが楽曲タイトル『思想犯』に込められた意味となるのです。 尾崎放哉と「思想犯」の歌詞 次に歌詞がオマージュされた元ネタを確認しましょう。 この楽曲の歌詞は、大正時代の俳人である尾崎放哉の俳句と彼の人生をオマージュしています。 しかし、彼が高い評価を受ける俳人になるまでには険しい道のりがありました。 彼は東京帝国大学を卒業後、エリートとして社会に出ますが、人間関係や自身の酒癖の悪さに悩み、職を転々とします。 会社に適応出来ず、妻に離婚され、病にも犯され、社会で生きていくことは不可能だと悟った時、彼の中に残ったのは俳句だけでした。 社会から逸脱した深い孤独は彼に苦しみを与えましたが、同時に世を忍ぶ無常感が俳句の才能を冴え渡らせ、俳人として飛躍的に成長するに至りました。 彼は一生を通し多くの人が持たない感情や考えを覚え、人とは違った生き方を選んだ。 では、実際に『思想犯』の歌詞を見ていきましょう。 「詩を書いていた」からわかるように、彼の人生をオマージュし、現代版にアップデートしたものでしょう。 ただし「人を呪うのが心地良い」とありますが、彼が実際にこのような物騒なことを考えていたわけではなく、刺激的な人物像を作り上げた結果の歌詞だと思われます。 「包丁を研いでる」という歌詞は彼の俳句からの引用ですが、その意味は大きく異なります。 この歌詞の文脈から考えると「包丁を研いでる」とは、ニュースで報道されるような暗い事件の準備を示唆しているように見えます。 対して、彼の俳句には危うい意味はありません。 『層雲雑吟』と題された未発表句稿集の6番目に当たる句稿の「木槿(ムクゲ)の葉のかげで包丁といでいる」からの引用です。 彼がどんな気持ちをこの句に込めたのかは不明ですが、この一節は日常の風景として描かれているので、歌詞中のような意味ではないでしょう。 このことから『思想犯』の歌詞は、彼の俳句を引用はしているものの、句の意味はあまり捉えずに字面だけを借りているようです。 美しい無常感が与える独自性 『思想犯』の歌詞は、尾崎放哉の生涯を独自の視点で解釈したものであり、実際の彼とはズレがあると書きました。 このように、普通に生活をしていた場合には得られない感受性は、彼の俳句が持つ視点と近しいものを感じます。 「烏の歌に茜、この孤独も今音に変わる」 完全な孤独を経験したからこそ、聞こえる音がある。 そう言っているように思える歌詞です。 これに続く詞も、孤独を経験し得た感受性を発揮したような表現ですね。 このように『思想犯』の歌詞には美しい独自性を感じます。 この二つを結びつけたオマージュは秀逸であり、両者が持つ特性を見事に昇華させていると言えるでしょう。

次の