ゲーム 配信 アプリ。 ライブ配信アプリをまとめて比較!今1番稼ぐなら〇〇に決定!!

【保存版】YouTubeライブ配信におすすめ機材11選とアプリまとめ

ゲーム 配信 アプリ

とにかくこのアプリをインストールしておけばYoutubeとTwitchにすぐにライブ配信でゲーム実況ができるようになります。 ほんと便利!!画面のサイズも720PのHD画質で配信できるのでスマホゲームなら十分にきれいに配信できます。 アプリ内で配信しているストリーマは海外の人がほとんどなのであまり使いませんね。 アプリはインストールしたらYoutubeやTwitchと関連付けしたら、立ち上げる必要もありません。 もちろん条件を満たせばYoutubeでもtwitchでも広告を掲載することができますので稼ぐこともできます。 ゲームをはじめて2タップでYoutubeなどにすぐ配信できます! スマホでのゲーム実況 ライブ配信で必須ツール iPhoneで充電しながら配信もできるツール 実はこれが一番の問題だったんです。 iPhone7以降は3. 5mm端子(イヤホンジャック)の口がなくなり充電とイヤホンの差込口が1個にまとめられていて、充電しながら音楽や通話ができないようになっていました。 イヤホンなしで通話しながら充電はできたのですが、ゲーム実況の場合はイヤホンとマイクが無いとほぼ雑音だらけで無理です。 そこで調べたら 充電しながらイヤホンマイクが使えるツールがあったので紹介します。 この商品は充電と3. 5mm端子(イヤホンジャック)と分岐できるタイプのものなのでゲーム用のヘッドセットが使えます。 このタイプのものを使えば、ゲーム用のヘッドセットやマイクとヘッドホンを別々のものにしても使える優れものです。 似たタイプで 安いものがいっぱいありますが、ほとんどがマイクが使えないタイプです。 このタイプでこの価格のものはコレしかありません。 純正belkin 4000円~5000円ほど出せば使えるものはあったのですが、この商品は一番安かったです。 間違えて買わないように。 詳しくはこちらでレビューしています Mirrativ(ミラティブ) 声に合わせてアバターを動かすことができる画期的なライブ配信アプリです。 ゲーム実況も簡単にできるので超おすすめ! 面倒な登録などは不要でダウンロードしたらすぐにアバターを作って配信ができる。 スマホのカメラで映像をライブ放送することもできるし、ゲーム実況もできるし『Vチューバー』としてもアバターを使ってライブ放送することができます。 YoutubeやTwitchなどに配信はできませんが、 Mirrativ内にもユーザーは非常に多く、Youtubeなどに比べると配信開始して10分~15分で視聴者がやってくるし、コメントもきます。 かなり活発なのでめちゃくちゃ楽しい! もちろんMirrativ(ミラティブ)で視聴者を集めてライブ放送すればお金を稼ぐこともできますよ! スマホで稼げる!おすすめライブ放送アプリランキング こちらのアプリはゲーム実況ではなくアバターや歌、雑談配信などスマホだけで多くの視聴者に向けてライブ放送できるアプリのランキングです。 ゲーム実況はできませんが雑談配信やラジオ配信、Vチューバーになって配信など今なら稼げる人気アプリです。 詳しくはこちらをご覧ください! ゲーム実況できそうなライブ配信アプリ とりあえずゲーム実況できそうなアプリを色々探してみた。 かなりの数のアプリがあるのですが、レビューだけでは使えそうなものがよくわからず最低限でピックアップしたのがこの5つのアプリです。 Mirrativ(ミラティブ) ゲーム実況はスマホの画面を配信しているため、個人的な通知や重要なページなども間違えると配信されてしまいます。 各通知(iphoneならバナー通知)を重要なアプリだけオフにしておきましょう。 また配信アプリの通知設定はオンにしておかないと配信できないし、Youtubeなどに来たコメントも見れなくなりますので配信アプリ(Omlet ArcadeやMirrativ)の通知は必ずオンにしてください。 またスマホデバイスの管理画面や設定画面も見せてはいけない情報が含まれていますので、絶対に間違えないようにしてください。 スマホのゲーム実況はすぐに充電がなくなる スマホのスペックというのは性能のことです。 iphoneならiPhone7以降なら大丈夫です。 iPhone6だとゲームによってはカクついたり配信が途切れることがあります。 2016年以降に発売されたものでスペックのいいものを選びましょう。 ヘッドセットを使えば音質も最高 なぜヘッドセットがおすすめなのかというと、『マイクのミュート機能』があるからです。 通常のイヤホンマイクだとマイクのミュート機能もノイズキャンセル機能も無いため、ゲーム実況、 ライブ放送中に『誰かきた!?ピンポーン!』とか『家族が呼んでる!?』などトイレに行くにもマイクの音をたれ流しの状態で済まさなければいけません。 でもヘッドセットやゲーミングイヤホンのマイクミュート機能は手元でスイッチ一つでマイクをオフにできます。 これが すごく重要なんですよ!またノイズキャンセル機能はほんとに高音質になりますので必要です。 僕がいつもスマホでゲームやってる部屋ではこのくらいの速度が出ています ダウンロードもアップロードも50Mbps程度出ていれば問題ないと思います。 極端に低い場合は以下の回線を参考に乗り換えることをおすすめします。 2019年直近の速度ランキング やはりスマホの場合はWiFiでのゲーム接続と合わせて動画配信を行うので、ダウンロード速度も必要ですがWiFiのアップロード速度も重要になってきます。 これが昔から使っている家の 遅いWiFiとかだと途切れたりカクついたりしちゃいます。 最近のネット回線業者に変更することをおすすめしています。 最近のネット回線業者はめちゃ速で安くてキャッシュバックも大きいのでぜひこの機会に乗り換えてみてはいかがでしょうか。 今年は5G元年ともいわれていますので、WiFiキャリア回線もとてつもなく速くなっていくことでしょう。 そうなってくるとPS4のゲームでもPCのゲームでもSwitchのゲームでもスマホで外出先でもサクサクでリモートプレイができるようになります。 その画面をYoutubeなどにライブ放送すればもうPCなんていりませんね。 そのうちスタバやマックなんかでスマホ片手にゲーム実況してる人が増えていくかもしれませんよ! 今回はゲーム実況用のライブ放送 アプリをご紹介しました。 Youtubeのアプリとかでもそのうち敷居が低くなって誰でもライブ配信ができるようになると思いますし、もっと多くのアプリが出てくると思います。 まずは今回紹介したアプリでゲーム実況デビューをしてみてくださいね!.

次の

【YouTube Live】初めて生放送でゲーム配信したい人向けの入門ガイド

ゲーム 配信 アプリ

もくじ• ゲーム配信とは ゲーム配信とは、プレイヤーがゲームをプレイしている映像を配信することを言います。 またこのゲーム配信によりお金を稼ぐ人たちを「配信者」「ストリーマー」のように呼びます。 さらに近年話題のプロゲーマーの中にもゲームの獲得賞金だけでは生活できず、ゲーム配信で稼いでいる人も多くいます。 このゲーム配信でお金を稼ぐ行為は「配信業」と呼ばれることが多いです。 ゲーム配信をするためにはゲーム配信が可能なアプリや配信サービスを利用する必要があります。 またこのゲーム配信では多くの人がお金を稼いでいるため、近年注目されています。 ゲーム配信可能なライブ配信サービス7選 ゲーム配信が可能なライブ配信サービスは以下のものが有名です。 ミラティブ(Mirrative)• ニコニコ生放送• ツイキャス• Twitch(ツイッチ)• YouTubeLive• OPENREC. tv(オープンレック)• Mixer(ミキサー) 2-1. ミラティブ(Mirrative) ミラティブ(Mirrative)は株式会社ミラティブによって運営されているスマホ用アプリです。 このミラティブ(Mirrative)ではスマホ1つでゲーム実況の配信・視聴が可能です。 従来のゲーム配信では専用ソフトを利用したり、PCを介した配信が必要でした。 しかしこのミラティブ(Mirrative)ではスマホの画面録画機能を利用した配信が可能なため、誰でも簡単にスマホだけでゲーム実況者となることができます。 スマホ1つで配信可能• エモもと呼ばれるVtuberのような3Dアバターを利用できる• PCゲーム配信よりもスマホゲーム配信に向いている• 専用ソフトや機材いらずで配信可能 ミラティブについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。 2-2. ニコニコ生放送 ニコニコ生放送は株式会社ドワンゴによって運営されているライブ配信サービスです。 ニコ生の相性で知られているニコニコ生放送は、スマホ・PCの両方での配信が可能です。 ただしゲーム配信を行う際は専用のソフトを使用した配信が必要となります。 ニコニコ生放送について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。 手軽に配信可能だがゲーム配信には機材の購入が必要• Twitterと連携させることで集客が見込める• 投げ銭はクラウドファンディングの形式を取る必要がある 2-4. Twitch(ツイッチ)とは Twitch(ツイッチ)はAmazonによって運営されているゲーム配信に特化したライブ配信サービスです。 画質やフレームレートの設定など、ゲーム配信におけるこだわりの強い配信者でも細部に渡り設定可能です。 また配信の保存や収益化なども可能です。 視聴者としてもきれいな画面で楽しくゲーム実況を楽しむことができるプラットフォームとなっています。 Twitch(ツイッチ)について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。 世界最大のゲーム配信に特化したライブ配信サービス• 画質や音質が他のライブ配信よりも優れている• サブスクライブやビッツによる投げ銭が多い• 日本人が少ないので外国人もターゲットに入れないと稼げない 2-5. YouTubeLive ユーチューブライブは動画配信サービスのユーチューブを利用したライブ配信サービスです。 ユーチューブライブはユーチューブを利用しているだけあって、他のライブ配信サービスに比べて数多くの人の目にとまることが可能です。 また生放送だけでなく動画をそのまま投稿し収益化することも可能なので、 投げ銭や寄付に頼らずとも比較的手軽に稼ぐことができます。 世界で最も名実ともに最大の動画・ライブ配信サービス• 視聴者が多い分ゲーム以外の配信も多い• ゲームの配信をしてもあまり人が来ない• 還元率はかなり高い ユーチューブライブについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。 2-6. OPENREC. tv(オープンレック) OPENREC. tv(オープンレック)は日本初のゲーム配信に特化したライブ配信サービスです。 日本ならではのシステムも数多く搭載されており、一部の層からは絶大な人気を誇っています。 またオープンレックと専属契約を結ぶゲーム実況者も数多く存在しています。 しかし目下のところゲーム配信を行うライブ配信サービスとしては他のサービスに劣っている点も多いため、あまりオススメはできません。 tv(オープンレック)の特徴• 日本人向けに開発されているので日本人には使いやすい• だがサービス自体は他のライブ配信サービスよりもかなり劣る• ユーザーには日本人や日本語の話せる外国人しかいない• 配信するためには権限が必要• 誰でも簡単に配信できるわけではない 2-7. Mixer(ミキサー) Mixer(ミキサー)はマイクロソフト株式会社によって運営されているゲーム配信用ライブ配信サービスです。 人気プロゲーマーのNinjaさんやShroudさんがTwitch(ツイッチ)からMixer(ミキサー)へ移籍したことで一躍有名となりました。 Mixer(ミキサー)も他のライブ配信サービスと同じくゲームを配信するのに専用ソフトが必要となります。 そのため初心者は配信を行うまでに苦戦してしまう可能性が大きいです。 しかしながら他のライブ配信サービスに比べて超低遅延でラグがない上、高画質での配信・視聴が可能です。 広告収入• 投げ銭• ゲーム販売• 企業案件• これはライブ配信だけでなく動画配信などとも共通しているため知っている人も多いかもしれません。 仕組みはとても簡単です。 広告主が配信者の動画や配信などに広告を掲載し、配信者は広告掲載料を受け取ります。 サービスなどによっては「ドネート」などと呼ばれたりします。 寄付は本来の語義と同じで、視聴者が配信者に直接送金する方法です。 この方法は配信者が寄付を可能な設定にしていたり、送金先を設定していた場合のみ可能です。 しかし一部のサービスではこのような直接的な送金は禁止されているの注意しましょう。 ライブ配信サービスにおける「投げ銭」と「寄付」の違いは、「ライブ配信サービスの運営を通じた送金かどうか」です。 寄付は配信者に直接送金しますが、投げ銭ではライブ配信サービスに搭載された既存の投げ銭機能を利用します。 そのためライブ配信サービスの運営を一旦通す必要があり、その分の手数料が徴収されます。 そのためお金を直接配信者に渡して応援することができません。 しかしこの機能による収益化はほぼ確実に不可能であるため、ゲーム販売による収益化について深く考える必要はありません。 企業からゲームなどの商品紹介をする依頼を受けます。 そして配信者はその商品を宣伝し、依頼料を企業から受け取ります。 ある程度有名な配信者になると数分の動画で宣伝を行うだけで20万円ほどもらうことが可能です。 他の収益化方法ではゲームを利用した収益化方法ですが、この収益化方法は自身の知名度や人気を利用した収益化方法であるからです。 有名な配信者になるとなんのゲームをプレイするかよりも、その配信者自体に価値を感じるファンが増えます。 そのためゲームで収益化するだけでなく、自信のグッズを販売するなどして収益化することも可能になります。 3-2. ゲーム配信での収益 ゲーム配信の収益を考えたときに気になるのが、どのぐらい稼げるのかということです。 ここではゲーム配信の収益の大きさや還元率などについて詳しく解説します。 そのためスマホのライブ配信アプリよりもPCを利用するライブ配信サービスのほうが収益還元率は高いと言えます。 しかしスマホを利用したライブ配信ではスマホ以外に機材を購入する必要も、難しい操作を覚える必要もありません。 そのためより収益を多く確保したいのであればTwitch(ツイッチ)やYouTubeLiveなどを利用したほうが良いと言えます。 また同サービス内で活動している「Shroud」さんは、年に3億円以上者学を稼いでいると言われています。 またYouTubeで活動している有名配信者のDrLupoさんは年に約2億円を稼ぎ出していると言われています。 そのため配信業はトップレベルになってしまえば、「ゲームをしているだけでお金がもらえる」という夢のような生活が送れるようになります。 また日本人として配信業で稼いでいる人たちの多くは海外の有名配信者ほど稼いではいません。 しかしYouTubeに動画を上げたり、配信を動画化したものを収益化するなどして配信業で生活している人たちは多くいます。 そのためミリオネアになることはほんの一握りの人にしか不可能であるものの、さまざまな方法でゲーム配信により稼ぐということは十分実現可能です。 またゲーム配信は広告収入や寄付などで収益化できることもあり、非常に稼ぎやすい職業であると言えます。 3-3. ゲーム配信で稼ぐために必要な条件 ゲーム配信は有名になったり、配信の人気が出れば一攫千金を狙える仕事です。 しかしながらゲーム配信で稼げるようになるためには5つの条件が必須です。 ここではゲーム配信でお金を稼ぐために必要不可欠な5つの要素について詳しく解説します。 継続力• 向上心• 分析力• なぜなら今でこそ有名なゲーム配信者でも駆け出しの頃は無名でした。 そのため最初から稼げいたというわけではありません。 これはどの人にも言えることです。 そのため最初はお金も稼げず、視聴者も少ないかもしれません。 しかし継続して動画や配信を続けることで視聴者は増えますし、それに伴い知名度も大きくなっていきます。 そうなれば配信業で稼ぐのは容易となります。 そのため最初は辛くても継続して努力し続けましょう。 配信業では面白さやゲームの上手さなどが求められるため、常に上を目指している必要があります。 また配信業は誰でも参入しやすい分、競合他社も多く存在します。 つまり人一倍向上心を持って行動しなければあっという間に抜かされてしまいます。 そのため配信業で稼ごうと考えているのなら、常に上を目指して行動できる「向上心」が非常に重要です。 しかし分析力はは心経を行う上で非常に重要となってきます。 なぜなら自分の配信やゲームのプレイなどを振り返って改善していくためには分析力が欠かせないからです。 「一体何が良くなかったのか」「どうすれば改善できるか」 そういった分析力を持っていてこそ初めて配信業で成功することができます。 そのため配信業を行うに当たり、人とのコミュニケーションについて書籍やサイトを参考にし勉強しておきましょう。 また配信へ人が訪れたら、積極的にコメントを促しましょう。 またコメントしてくれた視聴者とはあなたから積極的にコミュニケーションを取っていきましょう。 元来日本人は欧米人などに比べてリアクションが小さいことで知られています。 そのため配信などでもリアクションは小さい傾向にあります。 しかし視聴者からすると、面白いことやアクシデントが起こっても全くリアクションをしない配信は見ていて退屈に感じられます。 そのため些細なことでも積極的にリアクションを取っていきましょう。 またゲーム内での出来事でなく面白いコメントなどへのリアクションも重要です。 ゲーム配信のやり方(大きく2つ) これまでゲーム配信での収益に関して詳しく説明してきましたが、 ここからはいよいよ配信方法について詳しく説明していきます。 配信方法は利用するサービスによって大きく2つに分けられます。 配信サービスから直接配信可能な場合• 専用ソフトを利用して配信する必要がある場合 それぞれの状況に応じた配信方法をわかりやすく説明します。 4-1. 配信サービスから直接配信できる場合 ミラティブ(Mirrative)のように配信サービスで直接配信できる場合は、特に配信機材は必要ありません。 また配信手順は配信アプリやそのサービスから直接行えるため、難しい操作も必要ありません。 そのため専用ソフトなどを必要としない配信の操作については省略します。 各サービスのヘルプなどを参照して下さい。 またミラティブ(Mirrative)の配信方法については以下の記事を参考にして下さい。 4-2. 専用ソフトを必用とする場合 専用ソフトを必要とするライブ配信サービスでは、主に以下のソフトを利用する場合が多いです。 必要機材を購入• 各機材をPCに接続して動作確認を行う• OBS(専用ソフト)をインストール• OBS(専用ソフト)の設定を行う• 配信サービスとOBS(専用ソフト)の同期を行う• 配信が正しくできるかテスト配信を行う• 配信が正しくできていることが確認できたら本配信を行う この手順で準備をすれば確実に配信ができます。 また専用ソフトの設定に関してはソフトごとに設定方法が異なるため、各配信ソフトの公式サイトを参照にして下さい。 まとめ|ゲーム配信はTwitch(ツイッチ)かMixer(ミキサー)でやる ゲーム配信は近年大きなブームとなってきています。 しかしながらライブ配信サービスの殆どはゲーム配信向けには作られていません。 そのため一般的なライブ配信サービスを利用しても、満足の行くような配信を行うことは難しいと言えます。 またYouTubeLiveのような大きなサービスを利用したとしても、ユーザーがゲーム配信を見ようとしていない場合には視聴者が集まることは期待できません。 つまりゲーム配信を行うのなら、ゲーム配信用に作られたプラットホームを使うのが最善です。 さらにその中でもTwitch(ツイッチ)やMixer(ミキサー)は非常に良い配信を行える環境にあります。 なぜなら両者とも視聴者・配信者双方ともに楽しめるような機能が多く設計されているからです。 OPENREC. tv(オープンレック)などもゲーム配信用に作られたライブ配信サービスではありますが、 Twitch(ツイッチ)などに比べると視聴者・配信者ともに少し使いにくい設計となっています。 そのためゲーム配信をしたいと考えているのなら、Twitch(ツイッチ)もしくはMixer(ミキサー)を使いましょう。

次の

【最新】おすすめのライブ配信アプリ 10選「稼げるアプリ」

ゲーム 配信 アプリ

おすすめのライブ配信アプリ 配信者の数もリスナーの数も多い、人気のライブ配信アプリを集めました。 すべて無料で利用できるアプリなので、気になったものは気軽にダウンロードしてみましょう。 Pococha ポコチャ 「Pococha(ポコチャ)」はDeNAが運営している、ライブ配信アプリです。 運営会社が大きく安心して利用することができるほか、アプリもきちんと作り込まれているので、利用者が増えて勢いのあるライブ配信アプリです。 若い女性ライバーが中心ですが、男性や年齢層が広がり色々なライバーが配信を始めています。 ライブ配信が好きならポコチャは外せないひとつといえるでしょう。 ポコチャでは、アイテムが豊富に用意されています。 アイテムを使ったエフェクトで配信を盛り上げたり、ライバーの喜んだリアクションを楽しんでみましょう。 このアプリのポイント• 人気急上昇で利用者が増えているライブ配信アプリ• アプリは高画質で遅延も少なく使い勝手がいい 17 Live イチナナ 「17 Live イチナナ 」は、テレビでも紹介されたり、大々的に広告を打ち出したりしたことにより多くのリスナーを獲得した人気ライブ配信アプリです。 一般の配信者だけでなく、タレントも多く配信しているのが特徴です。 ルックスのよいライバーだけでなく、ナレーターや歌手などの一芸に長けた人もたくさんいます。 男性の配信者も増えているので、かっこいいライバーを見たい女性リスナーの方にもおすすめです。 人気ライバーになれば多くのギフトを送ってもらうことができるので、本気でライブ配信を頑張りたいライバーの方にもおすすめです。 関連 このアプリのポイント• ユーザーが急増した勢いのあるアプリ• 配信を本気でやってギフトをもらいたい人におすすめ Mirrativ(ミラティブ) 「ミラティブ」はパソコンを持っていなくても手軽にスマートフォンだけでゲーム配信ができるアプリです。 人気ゲームの配信がたくさん実況されているので、ゲーム好きならインストールしておきたいアプリでしょう。 スマホの画面をそのまま配信に流せるアプリなので、ゲームだけでなくブラウザの画面なども配信に流せます。 使い方によって色々な楽しみかたができるライブ配信アプリではないでしょうか。 外部ツールや機材は必要ないので、簡単にVTuberとしてデビューすることができます。 「Liveme」は世界で5,400万以上ダウンロードされているライブ配信アプリです。 有名コスプレイヤーのえなこさんが、配信をしていることでも有名なアプリです。 他にもタレントが公式配信を行っており、運営会社も大きく安心して使えるライブ配信アプリです。 女性の配信者が多く放送しているので、素敵な女性配信者を探したいという方はインストールしておいた方がいいアプリでしょう。 ギフト(投げ銭)機能が搭載されているので、気に入ったライバーがいれば応援してあげましょう。 アプリ全体の視聴者数も多くいるので、配信をしてギフトをたくさん貰いたいという方にもおすすめできます。 参加無料のライブクイズを毎日開催しています。 クイズに答えるだけで賞金が貰えるのでぜひ参加してみましょう。 このアプリのポイント• 熱心なファンが付けば月に何百万円も稼げる• ラグが少なくリスナーと配信者のコミュニケーションが取りやすい OPENREC(オープンレック) 「OPENREC」はゲーム配信が多く行われている、ライブ配信サイトです。 運営はサイバーエージェント系のCyberZが行っています。 オープンレックにはプレミアム会員制度があり、プレミアム会員になると過去の放送を見ることができたり、ラグが少ない超低遅延モードなどの特典を受けることができます。 配信をするには申し込みをして審査に通る必要があるので、配信者の方には少し敷居が高いかもしれませんが、審査に通ってしまえば、視聴者からのエール(投げ銭)や、視聴者数に応じて運営からお金が支払われる「OPENREC Creators Program」が最初から利用できます。 配信時間や視聴者数が配信者への報酬につながるため、OPENRECの配信者は毎日配信を長時間している人が多いのも特徴です。 ゲーム配信、ゲーム実況が好きなリスナーは一度チェックしておいた方がいいでしょう。 このアプリのポイント• 利用者が多く人が集まりやすい• コメントやハートでLINEポイントを稼げる YouTube Live 「YouTube Live」はYouTubeでライブ配信を行えるサービスです。 YouTubeのスマホアプリにライブ配信機能が備わっているので、簡単に配信することができます。 「YouTube LIVE」はライブ配信を行っている最中でも、時間をさかのぼって1. 5倍、2倍速で再生できる「追っかけ再生」があるので、途中でライブに参加しても最初の様子がどうだったかを確認することができます。 またラグがほとんど発生しない低遅延モードでの配信も可能なのでリスナーと配信者のコミュニケーションも取りやすくなっています。 その他にもライブ配信を行った後に、自動的に動画化してアップロードしてくれるという配信者にとってはとてもありがたい機能も備わっています。 配信者が投げ銭を受け取ることができる「Super Chat」の利用はチャンネル登録者数が1000人以上という条件が付いていますが、YouTubeは利用者の数が多いので配信や動画投稿を続けていればクリアするのはそれほど難しくないでしょう。 YouTubeの開発スピードはとても早く、動画・ライブ配信共にどんどん使いやすく高機能なサービスにバージョンアップしています。 動画サービスだけでなくライブ配信に関してもYouTubeが覇権を取る可能性はとても高いでしょう。 このアプリのポイント• 放送終了後、自動的に動画化してアップロードできる• 世界中のリスナーを相手にできる TwitCasting(ツイキャス) 「ツイキャス」は2010年からサービスを開始している老舗のライブ配信サイトです。 運営歴が長いだけあって、視聴者・配信者共に利用者が多くいます。 配信のカテゴリー分けも細かく分けられているので、同じ趣味嗜好の仲間を見つけやすいのではないでしょうか。 ツイキャスには「キートス」というライブ配信の企画に使うお金を集める、クラウドファンディングのシステムがあります。 キートスで集めたお金は配信内の企画で使うことがルールになっています。 ツイキャスには現金を使った投げ銭機能はないのですが、仮想通貨のビットコインとモナコインを使用することができます。 ツイキャス内の「ウォレット」に仮想通貨を保有できるほか、アイテム機能を利用することにより配信者に仮想通貨を送ることができるシステムになっています。 また今後は動画収益や、ファンクラブ(月額会員)のシステムが追加される事が発表されています。 配信者の方にとっては、より使いやすいサイトになっていくのではないでしょうか。 アプリが配信用と視聴用に分かれているので、目的ごとにインストールしてください。 このアプリのポイント• アプリが軽く気軽にはじめられる• 利用者が多くいろんな配信者を見つけることができる ニコキャス(ニコニコ生放送) 「ニコキャス」は2008年より一般ユーザーの配信サービスを開始している、「ニコニコ生放送」を視聴できるライブ配信アプリです。 他のライブ配信アプリと違って視聴者数が少なくても、途切れることなくコメントが来るので楽しく配信できるのが特徴です。 コメントが画面に大量にながれてくる楽しさは他の配信アプリでは味わえません。 昔から利用しているユーザーが多いので、30代以上のリスナーも多く、ほかの配信サイトより年齢層が高いという特徴もあります。 ライブ配信の収益化は2種類あり、ひとつはリスナーからのギフト、もうひとつは、生放送の来場者数やコメント数によってポイントが与えられる「クリエイター奨励プログラム」です。 このアプリのポイント• たくさんコメントが欲しい配信者におすすめ• クリエイター奨励プログラムというギフト以外の収益化がある SHOWROOM(ショールーム) 「SHOWROOM」はライブ配信アプリの中でも、有名なアイドルの配信が多く行われているのが特徴です。 AKB48やその姉妹グループの配信が多く行われおり、視聴者はアバターを使って好きなアイドルを応援することができます。 もちろんアイドルや芸能人だけでなく、一般の人の配信も可能です。 大手芸能事務所のオーディション、歌手や声優のオーディションなど大規模なイベントが多く行われているので芸能人を目指している配信者が多くいます。 SHOWROOMではアイドルを応援したいというリスナーが多いので、熱心なファンが付きやすいという特徴があります。 コアなファンが欲しい配信者はSHOWROOMで配信してみてはいかがでしょうか。 ギフティングという投げ銭システムがあるので、人気配信者になれば月に何百万という大金を稼ぐことも可能です。 このアプリのポイント• 有名アイドルも利用するライブ配信サイト• モデル・タレントへの大型オーディションが多く行われている Twitch(ツイッチ) 「Twitch」は世界中で利用されている、高画質配信ができるライブ配信サイトです。 ゲーム配信が盛んで、eスポーツの公式放送などもよく行われています。 運営母体がAmazonなのでAmazonプライムに加入している人は、「Twitchプライム」というサービスに無料で入会することができます。 Twitchプライムでは広告非表示、毎月のゲームプレゼントなどの特典を受け取ることができます。 日本人の「IRL」での配信は少ないので狙い目かもしれません。 スマホでも気軽に配信できます。 Twitchではパートナープログラムが用意されており、オフィシャルパートナーになると「Cheers」というドネーション(寄付、投げ銭)、Subscribe(月額会員)、などの収益化を行うことができます。 REALITY(リアリティ) 「REALITY」はグリーの子会社WFLEが運営する、世界初のVTuber専門ライブ配信アプリです。 現在は「KMNZ(ケモノズ)」「ときのそら」「葉月ナツ」「夢桜楓」「月ノ美兎」が毎日配信を行っていますが、今後はキズナアイが所属する「upd8」や「にじさんじ」などのプロダクションも参加しどんどんと活性化が進んでいきそうです。 REALITYは公式VTuberのみの放送でしたが、一般のユーザーもアプリだけでアバター作成と配信までが可能になる配信用アプリ「REALITY Avatar」もリリースが開始されました。 簡単にかわいいアバターが作れて配信も手軽にできるので、VTuberに興味がある方はすぐに試してみましょう。 このアプリのポイント• VTuber好きなら絶対にインストールしておきたいアプリ• 知らなかったVTuberを発見できる MixChannel(ミックスチャンネル) 「MixChannel」は1000万ユーザーを突破した利用者の多いアプリです。 ライブ配信だけでなく動画投稿のアプリとしても有名です。 カラオケ機能が搭載されており、J-POP、ROCK、アニメソングの楽曲をカラオケで使用したりBGMとして流すことができます。 うまくカラオケ機能を使えば配信が盛り上がるのは間違いないでしょう。 アーティストや芸能人を起用したイベントも頻繁に行っているので、いつアプリを開いても新鮮に楽しめます。 また「LARME」や「sweet」などの有名雑誌や地上波テレビに出演できるコンテストなども開催しているので、有名になりたい、モデルを目指しているライバーにもおすすめのアプリです。 最後に 今やすっかりメジャーになったライブ配信(生放送)。 配信者とリスナーがリアルタイムにやり取りする楽しさは動画では味わえません。 ライブ配信アプリを使った事がある人は多くいると思いますが、ここまでライブ配信アプリがたくさんあるとは思っていなかったのではないでしょうか。 普段使っていないアプリを使ってみると、今まで知らなかった自分好みの配信者に出会えたり、好きなタレントが配信していたりして驚きます。 ライブ配信ユーザーの方はぜひ、いつもと違うライブ配信アプリをインストールして、素敵な配信者を見つけてください。 一方、リスナーではなく、ライバー(配信者)になって人気者になりたい、夢を叶えたいという人も多くいると思いますが、ライブ配信アプリの数がたくさんあってどれを選べばわからないという人も多いはず。 アイドル配信をしてチヤホヤして欲しい人、ゲーム配信をしたい人、お小遣いをたくさん稼ぎたい人、コメントをたくさんもらいたい人、色んな目的があると思いますが、それぞれのライブ配信アプリの得意分野、リスナー層を知って自分に合ったライブ配信アプリを使いましょう。 自分に合ったアプリを使ったほうが、楽しく配信することができるのでモチベーションが続きます。 リスナーを増やす方法、固定ファンを増やす方法はできるだけ毎日ライブ配信を行うことです。 応援してくれるリスナーが増えれば、ギフトの数もどんどん増えてきます。 この記事ではすでに人気のライブ配信アプリから、これから人気がでてくるだろうチェックしておきたいアプリまでたくさん紹介してきましたが、色々試して好みのライブ配信アプリを見つけてください。 あわせて読みたい 関連 参考.

次の