英語 メール 結び よろしくお願いします。 【ビジネス英語】メール編3:結びの言葉と、文末や締めの部分に使える、気持ちが伝わる例文集

Regards の意味とは?英語メール「結びの言葉」の使い方

英語 メール 結び よろしくお願いします

I look forward to your reply. ご返信をお待ちしています。• I look forward to hearing from you. ご連絡を楽しみにしています。• I look forward to meeting you next week. 来週お会いできるのを楽しみにしています。 は、前向きにメールを締めることができて、よく使える表現です。 一方、日本語でよくある「今後ともよろしくお願い申し上げます。 」 正直、これは、外国人の英語メールでは、全く使われていません。 少なくとも、私の記憶にはないくらい、見たことがありません。 きっと、日本人的な発想の一文なんでしょうね。 でも、「今後ともよろしくお願い申し上げます。 」をあえて英語にするなら I look forward to your continued support. となります。 どちらも意味は同じで、後者が悪いということもないですが、ビジネスの場合は基本的に、前者をおすすめします。 なぜなら、前者は、普通の現在形の文章で、特別なニュアンスのない、ニュートラルな表現だからです。 もちろん、どちらでも大丈夫ですし、今この瞬間感、ライブ感、リアル感をあえて出したければ、lookingの現在進行形にするのもありですが、ビジネスをする大人としては、基本的に普通の現在形を使っておくのが自然です。 If you have any questions, please let me know. ご質問があればおしらせください。 If you have any questions, please let me know. ご質問がありましたら、お知らせください。• If you have any questions, please feel free to let me know. ご質問がありましたら、遠慮なくお知らせください。• If you have any concerns, please don't hesitate to contact me. 懸念がありましたら、遠慮なくご連絡ください。 これらも、英語メールの文末の締めでよく使います。 questionsとconcernsはお互いに入れ替え可能で、pleaseは省略も可能ですが、あった方がより丁寧です。 特に一文目の「If you have any questions, please let me know. 」は、定型文中の定型文、King of 定型文。 暗記するくらいの勢いで覚えるべきですし、他人のメールであまりにも何度も目にするため、覚えるつもりがなくても、自然に覚えてしまうほどの超典型的な一文です。 I would appreciate it if you could reply within this week. 今週中にお返事をいただけますと幸いです。• It would be appreciated if you could reply within this week 今週中にお返事をいただけますと幸いです。• I would appreciate any advices you could give me. 何かアドバイスいただけることがあれば、何でもいたただけますと幸いです。• I would appreciate any information you might have. 何か情報をお持ちでしたら、ご教示いただけますと幸いです。 仮定法過去がいまいちよくわからない方は、こちらの例文から考えることで、そのニュアンスがよくわかるかもしれません。 Thank you for your understanding. ご理解いただきありがとうございます。• Thank you for your patience. お待ちいただきありがとうございます。• Thank you for your cooperation. ご協力いただきありがとうございます。 全て未来のことについて、先に感謝をしています。 トイレによくある、「綺麗にお使いいただきありがとうございます。 」みたいで、少し強制的な感じもしますが、ビジネス英語では普通に使われる表現ですので気にせずに使って大丈夫です。 「for your understanding」は、何か問題があって申し訳ないときの「ご理解いただきありがとうございます」。 「for your patience」も、何か問題がある時、「この状況を我慢していただき 理解してくれて ありがとうございます」。 のように、先に感謝することを明確にしたければ in advance(あらかじめ)、感謝を強調したければ very much を追加することができます。 文末の敬具(regards)の使い方 ここまでは、英語メール本文の、締めの1行を紹介してきました。 ここからは、本当の結び、日本語の「敬具」に当たる Best regardsやKind regardsなどを紹介します。 この記事を書くにあたり、「英語 メール 結び」で検索すると、数十もの表現が出てきて、正直、私は戸惑いました。 以下、少しピックアップしただけでもこんなにたくさん。。。 「Best regards,」「Kind regards,」「Warm regards,」「Regards,」 「Sincerely,」「Sincerely yours,」 「Best wishes,」「All the best,」「Best,」 「Respectfully yours,」「Truly yours,」「Yours truly,」 こんなにたくさん覚えられないし、そこまで細かく使い分ける必要もないのでは? これが私の正直な感想です。 というのも、私の経験上、英語メールの締めは、だいたい3パターンで事足りてきたためです。 迷ったらこれ。 英語メール初心者の方に最もおすすめなのもこれ。 とにかくこれを使っておけば絶対に大丈夫。 とは言っても、「Best regards,」「Kind regards,」「Warm regards,」「Regards,」と4つもあるわけで、それぞれの使い分けは? 私は「Warm regards,」「Regards,」の2つを捨てて、「Best regards,」「Kind regards,」の2つだけを使っています。 +Warmは、+暖かさ +Kindは、+優しさ +Bestは、+最高 WarmとKindの意味、似てませんか? 私は似てると思いますし、正直、どっちでもいいと思います。 この考え方にもとづき、私は以下のように使い分けています。 (あたなの幸運を祈ります)」の省略形で、「Best,」はさらなる省略形。 普段の生活で、「幸運を祈ります」なんて言うこと、ほとんどないですよね? 少なくとも、私はないです。 なので、私はこれらの表現は、頭の中から切り捨てています。 普段使いは、「Best regards,」と「Kind regards,」の2つで十分。 もし「Best wishes,」系を使うとしたら、それがふさわしい時。 例えば、転職する同僚の最終出社日の最後のメールとか、友人が何か新しい挑戦をするときとか。 「Sincerely yours,」はもっと違和感あり。 「yours, あなたのもの 」って。。。 ビジネスの定型表現なので、使うことには何の問題もないのですけど、言葉の本来の意味を考えると、私はすごく違和感があります。 英語メールの文末の最頻出表現「Best regards,」と「Kind regards,」を差し置いてまで、あえて「Sincerely,」「Sincerely yours,」を使う理由が、私には見当たりません。 「Respectfully yours,」「Truly yours,」「Yours truly,」も同様です。 いくらビジネスの定型表現であっても、正直、そんなこと思ってないし、思ってもいないことを書くのは抵抗がある。。。 「Best regards,」と「Kind regards,」の二択で十分かと。 Kind regards, Taro せっかくなので、以下に、それぞれの気持ちを日本語で補足します。 「Thanks,」「Many thanks,」「Thanks in advance,」• 「Thanks,」(ありがとう)• 「Many thanks,」(manyありがとう[うまく日本語にできません 笑])• 「Take care,」(お大事に[相手の体調が良くない])• 「Good luck,」(幸運を祈る[相手が何かにチャレンジする])• 「Have a nice day,」(良い一日を)• 「Have a nice weekend,」(良い週末を)• 「Have a nice day ahead,」(この先良い一日を)• 「Have a nice week ahead,」(この先良い一週間を) 英語を活かした転職に強い、転職エージェント。 本社はイギリスのロンドンで、世界28ヶ国の主要都市にオフィスを構える。 日本では英語を活かせる求人だけに特化。 ラグビー日本代表のオフィシャルスポンサー。 まとめ.

次の

英語メールの文末の結び【最頻出4例文+敬具(regards)の使い方】

英語 メール 結び よろしくお願いします

Please let me know your thoughts. ご意見をお聞かせください。 Please say hello to Mr. Brown. ブラウンさんにもよろしくお伝え下さい。 Tanaka, I hope you will have nice week-end. 田中様もよい週末をお迎え下さい。 I will let you know about deliverly deadline. 納期の件はまた来週お知らせいたします。 I hope you will have nice summer vacation. よい夏休みをお過ごし下さい。 Please say hello to members in your department. 部署の皆さんにもよろしくお伝え下さい。 Thank you very much for your support this time. P様とS様にも大変お世話になり、ありがとうございました。 よろしくお伝え下さい。 I hope this will not have put you to any inconvenience. 今回のことであなた様にご迷惑が掛からないことを切に願っております。 If I can be of any assistance, please don't hesitate to let me know. 何かお役に立てる事があったら、ご遠慮なくお知らせ下さい。 Thank you very much for the support of Mr. I thank you for your co-operation and trust that this request will be met promptly. 迅速な対応とご協力のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。 I will update you when the procedure have been completed as well as send emails to each individual. 手続きが完了しましたら関係者含めてメールにて展開いたします。 If you need any additional assistance, please contact me. ご不明な点がございましたらどうぞお気軽にご連絡ください。 If we can be of any further assistance, please let us know. 何かお役に立てることがございましたらご連絡ください。 Should you need any further information, please do not hesitate to contact me. 詳細に関してはどうぞお気軽にご連絡ください。 I would be most grateful if you would look into this matter as soon as possible. この件につきましでできるだけ早くお調べいただけると大変ありがたく思います。 I look forward to the possibility of working together. お取り引きを開始させていただきたく思います。 Thank you for your help in this matter. お力添えいただきありがとうございます。 I look forward to discussing this with you. この件について話し合える日を心待ちにしています。 Your prompt reply would be appreciated. 早急なお返事を頂けるとありがたく存じます。 I am looking forward the reply from Mr. I would be appreciated if I have a prompt reply from you but pls consult me if you would be impossible to do so. 早急にお返事を頂きたい所ですが、ご無理な時はご相談下さい。 Your prompt reply would be appreciated regarding of new order. 発注の件、至急返信をお願い致します。 I would like to consult with you regarding invoice. Your propmt reply would be appreciated. ご請求のことでご相談があります。 つきましては至急に返信を頂きたいと思います。

次の

ビジネス英語メールの「結び」現役外資系社員がリアルに使う34の表現

英語 メール 結び よろしくお願いします

Thank you for your continued support. センキュー・フォー・ユア・コンティニュード・サポート 今後とも宜しくお願い申し上げます こんなフレーズ Continuous support や Continual supportと言いたくなるかもしれませんがどちらもネイティブの間では使われません。 Continuous は「絶え間なく続けて(その間ずっと)」、Continual は、「断続的に続けて(いつもでなくていいから必要なときに)といった意味が有ります。 1番自然な言い方がC ontinued 変わらない・継続した Supportなので覚えておきましょう。 どんな場面で使える? この文はメールの最後に置くのが普通なのでメールを締めくくる際に入っていると良いでしょう。 また口語としても会議の後のひと言として付け加えるのも良いでしょう。 これも一緒に覚えよう "Thank you for your sincere support" いつも有り難うございます これは何か特別なことをしてもらった時に感謝を伝えるフレーズです。 "We appreciate your continued support" 今後とも宜しくお願い致します という意味合いになります。 主語は会社のひとりとしてあえて" We"を使っていますが単数の"I"でもおかしくはありません。 クライアントに対して「 今後とも宜しくお願い致します」という挨拶は重要ですのでぜひ使ってみてください。

次の