看護 師 から の 転職。 【体験談】薬剤師から看護師へ!働きながら受験・転職に成功した秘訣

看護師から異業種への転職は可能?【看護師に疲れた人必見】

看護 師 から の 転職

子育て中の看護師が転職をするときには、院内託児所があるかどうかということが大きなポイントになることがあります。 しかしその院内託児所もさまざまなルールがあるので、事前によく確認をしておくことが大切です。 子育てをしながら看護師復帰を目指す時には、その病院に院内託児所があるかどうかということは、大きなポイントになります。 院内託児所があるかどうかで、働きやすさが全く変わってくるからです。 ただ著者である私は実際に転職し、院内託児所を利用したときに「あーこれは事前にチェックしておくべきだった!」と思ったポイントがいくつかあります。 ここでは子育て中の看護師が復帰や転職を考えた場合、そして院内託児所を利用することを考えた場合、どんなところに気を付けて事前にチェックするべきか?というポイントをご紹介していきます。 しかしながら自分の子供はまだ小さいので、どれくらい働くことが出来るか自分でもよくわからないということもあると思います。 看護師は国家資格を持つ仕事です。 そのため結婚したり子供が小さいことを理由に退職して家庭に入り潜在看護師になる人も少なくありません。 しかしながら看護という専門性をもっと勉強したい、女性として専門職として輝ける看護師の仕事を続けたいと希望して、家庭の環境を配慮しながら、ずっと仕事を続けていく人も少なくありません。 ただ転職を始める上で一番大切なのは、子供の保育に関すること。 転職をしてみるまで、どのような部署に配属され、どのような勤務形態になるか予測もつきません。 子供が小さいので夜勤は免除してもらえるように掛け合うつもりでしたが、残業などは当然あると考えていました。 また急に子供が病気になった時、どのように対処するべきか?もちろん家族の協力は不可欠ですが、これはよく考えておくべきですね。 私は当時、夫の実家も私の実家も遠く離れたところに住んでおり、ほかの家族の協力を得るということが出来ませんでした。 子供の急な病気の時は休むしかないと腹をくくっていたのですが、少し回復したら、院内託児所ということを考慮すると早めに仕事復帰できるのではないかと考えていました。 またその理解がないと、働くのは難しいと考えてもいました。 しかし働く以上責任はあります。 常勤でも非常勤でも関係なく、子供がいるから残業できません。 子供がいるから、病棟会議には出席できませんという言い訳はできません。 そのため、病気になった時の院内託児所の対応はどのようなものなのか?ということをチェックしておく必要があると考えていました。 幸いにも私の子供が通った院内託児所では、熱が出たときには、別の個室で待機保育をしてもらい小児科の医師の診察を受けることが出来ました。 (これは院内保育所の大きなメリットであると思います)また、ある程度回復しまた預け始めるまでの期間としては、他の認可保育園に比べ早かったのではないかと考えます。 例えば看護師だけでなくても、医師や事務といった職種の人でも利用することが出来ます。 そのため比較的朝早くから、夜遅くまで利用できることが多いです。 また夜間保育を行っているところもあるので、夜勤をする看護師にとってはとても心強い制度になります。 そんな院内託児所ですが、いつ何時でも利用することはできるのでしょうか。 私は転職時の面接の際に院内託児所を見学することはできましたが、細かなルールということは確認しなかったので、実際転職した後に、あー失敗したと思うことがいくつかありました。 まず一つは、自分の勤務の時には利用することが出来るが、それ以外には利用することが出来ないということです。 院外の認可保育園などは、一旦入園すると、平日自分の休みの時でも子供を預けることができ、少し休息をとることも可能です。 しかしながら院内託児所というところは、事前に自分の勤務もしっかり把握をされています。 そして原則自分が勤務の時には預けることが出来るが、それ以外は預けることが出来ないという決まりなのです。 もちろん緊急で預けることもありますし、臨機応変に対応してもらえる場合もありますが。 しかし始めから休みの日はダメですと言われたら、預けにくいですよね。 せっかくの休み、午前中だけでも体を休めたい…と思ってもなんとなく預けづらい現状がそこにあり、体の回復が出来ないということがよくあるのです。 2交代制だったため、夕方16時ごろ子供を預け、翌日10時ころ迎えに行くのです。 子供は夜間託児所で寝ているので、迎えにいった時には元気いっぱい。 一方私は疲労困憊。 夜勤明けに迎えに行ったときの子供の満面の笑みを見ると、疲れなんて吹っ飛び癒されるのですが、しかし自宅に帰るとぐったり…ということを繰り返していました。 でも子供は異常に喜ぶんですよね。 いつもは、残業で一番最後まで残っているのに、夜勤明けには、朝の早いうち、つまり一番初めに迎えに来てくれて帰ることが出来るという優越感があるのです。 そのため興奮していることが多いですね。 本当はそのまま自宅に帰りたい、でも休むことはできない…だから、午前中はそのまま買い物に行って少し遊ばせて、昼ご飯を食べてすぐに家で一緒にお昼寝というサイクルを繰り返していました。 ただ私は本当に疲れが取れず、子供は起きだしているのに、私はなかなか起きれず、DVDを見させながら夕方まで過ごすということを多かったです。 夜勤の回数が多くなくても、これを繰り返すというのは、体力的にも精神的にもとても負担になります。 そのため、私はこれから転職する人にはぜひチェックをしてほしいと思います。 夜勤明けの保育はありか?ということ。 それがあるかないかで全く働きやすさが変わってくると思います。 例えば、院内会議に出席をすること、病棟の会議に出席をすること、また看護研究のメンバーに選ばれることもあります。 事前に決まっていることも多いですが、研修に参加するという場合もあります。 勤務時間内で参加できるようなものはいいのですが、勤務時間内にできないものというのもありますね。 例えば、看護研究でみんなで勤務を合わせて集まるとき。 その場合は、子供を連れていくわけにはいきません。 ではどうするか? そのような時には院内託児所にお願いをするしかないのです。 私の勤務先では幸い1時間程度なら緊急で預かってもらうことが出来ました。 そのため子供を自宅に一人で…ということはありませんでしたね。 また研修に関しては、勤務という扱いで参加することが出来たので、院内託児所を利用することが出来ました。 そのため安心して参加することが出来ましたね。 病院によっては、院内託児所の保育士さんの数に限りがあるため、臨時では預かることが出来ないというところもあるようです。 実際に友人は看護研究の集まりに子供を連れて行った人もいました。 院内託児所に求められること。 それは自分が働いて保育が出来ない間に、安心して預けられるところであること。 そして何かあった時に対応可能であることが一番のポイントではないかと思います。 転職をするときに求人を詳しく見ても、院内託児所については、院内託児所あり、なしだけがかかれて終わっていることも少なくありません。 その他の情報については、自分で面接のときに聞き取る、またアポイントメントをとって見学をして詳細を調べるという方法しか知る手段はありません。 ただ働くことと預けることは転職するうえで大きな課題になります。 そのため事前に出来る限りの情報を得て、自ら働きやすいところを選んでいくことが大切なのです。

次の

看護師辞めたいけど不安…… 経験者が語る辞めて良かったこと・転職後の仕事 / 女性の“働く”を考える キャリナレ

看護 師 から の 転職

他業種へ転職したいと思ったきっかけ 他業種への転職を経験したことのない方にとって、転職を実現した方々の経験談は励みや参考になるはずです。 次に体験談・経験談をまとめていますので参考にしてみて下さい。 身体を壊したことがきっかけで転職 看護学校を卒業後地元の総合病院へ就職し、病棟看護師として働いていました。 私が看護師を辞めたきっかけは、ヘルニアを発症したからです。 患者さんを抱えながらの移動やベッドメイキング、重い医療機器や機材などの運搬などは想像以上に肉体的な負担が大きく、入職2年目には腰痛が大きな悩みの一つとなっていました。 とはいっても、人手不足の環境の中「腰が痛いので休みます」とはとても言えず無理を重ねていたのですが、ある日の勤務中、立っていることができいないほどの腰の痛みと足の痺れが襲い気を失ってしまいました。 気がついた時にはベッドの上で「ついにやってしまった」と思いました。 診断の結果入院が必要ということとなり、1ヶ月ほど治療を行い退院できました。 その後、担当医と相談をして診断書を頂き、上司に事情を説明して退職となりました。 同僚や上司は「身体が治ったら看護師として戻ってきてね!」と言ってくれましたが、自分を襲った腰の痛みを思い出すと身体が震え、また腰を痛めてしまうことに恐怖を感じるようになった自分を発見し、看護師に見切りをつけました。 退職後は8ヶ月ほどゆっくりと身体を休め、その後職業訓練を受けて近所のショッピングセンターの販売員として採用されました。 今の職場でも物の運搬などがありますが看護師の頃と比較すればかなり軽く、立ちっぱなしの仕事にも慣れました。 デスクワークも検討しましたが、立ち仕事は意外に腰に負担がかからないそうです。 今の職場は居心地が良く仕事も楽なのですが、やはり日を追うごとに看護師の資格や経験を活かして働きたいという気持ちが強くなり、今介護施設などへの再転職も検討中です。 <関連記事> ・ 人間関係の問題から転職を決意 看護大学をでて看護師になりましたが、入職1年未満で転職しました。 原因は人間関係の疲れと勤務体系の劣悪さでした。 前職は総合病院の病棟勤務でしたが、新卒ということで早々に先輩方に役立たずと判断され、見放されてしまいました。 誰にも相談できない環境で陰口を言われながら仕事をするのは非常に辛く、精神的にも肉体的にも疲労感が凄かったです。 あわせて、夜勤やサービス残業などの度合いがひどく、月20時間以上のサービス残業は当然のことでした。 サービス残業や夜勤、人間関係の疲れなどからストレスがたまり、食欲を無くして不眠症気味となり、このまま自分は壊れていくのか?と考えながら仕事を続けていました。 しかし、とうとう仕事中に倒れてしまい、上司と相談の上退職をすることとなりました。 こういったことがあり、看護師として働き続けることに強い不安を感じるようになり、他業種への転職を決意しました。 今は医療現場とは全く異なる飲食店で働いていますが、今の職場は人間関係も良好で、サービス残業や夜勤などもまったくないため、とてもやりがいを感じながら働くことができています。 <関連記事> ・ 看護師と育児の両立の難しさを実感したことがきっかけ 結婚後も看護師の仕事を続け、夫からは子供が産まれた後も看護師として腹たらいて欲しいと言われていました。 自分でも看護師の仕事にやりがいを感じていたためそのつもりでしたが、子供が産まれた際色々考えたすえ、退職しました。 私の場合は病棟看護師で夜勤もあり、体力勝負でもある医療現場の仕事を続けながら子供にしっかりと向き合うのは、実際問題自分には不可能だと思ったためです。 会社員の方でも仕事と育児の両立は非常に大変だと聞いています。 看護師の場合は勤務体系からも体力・精神面からも、さらに仕事を続けながらの子育ては困難なのではないでしょうか? 現在は、家計の問題があるので専業主婦にはならず、パートで結婚式場のウェイトレスをしています。 イメージよりも体力を消耗する仕事ですが、週に1~2度、3~4時間という勤務でお給料もそれなりに良いので、納得して働いています。 <関連記事> ・ 他業種への転職、看護師は今どんな所で働いているの? 他業種の転職先は、アルバイトやパート形態であれば販売員や接客業、飲食店などが代表的です。 これらの業種はコミュニケーションスキルが必要なため、多くの患者さんと接し、傾聴や観察を旨とする看護師経験者にうってつけの仕事の一つと言えるかもしれません。 飲食店や接客業の場合は看護師免許を活かした仕事は難しいですが、免許や経験、スキルを活かしながら他業種で働きたいという方もいらっしゃるでしょう。 そういった方の多くが選択するのが、MR 医薬情報担当者 やケアマネジャー、医療関連機器の開発や営業、営業サポートといった職種です。 これらの業種は医療関連業種となるため医療現場にいた経験が活かせ、臨床の知識が豊富な看護師は需要があります。 他にも、転職とは厳密には違いますが、中には看護師退職後に独立して事務所や事業所を立ち上げる方もいらっしゃいます。 例えば、モデルの蛯原友里(えびちゃん)の妹として知られる蛯原英里さんは、6年間のNICUナースを経て、退職後にベビーマッサージを教える「チャイルドボディセラピスト」として独立、現在も活躍されています。 このように他業種への転職は選択肢が多く、上記以外の職種であっても、やる気と熱意があればチャレンジできる機会はたくさんあります。 退職後に職業訓練などを活用し、事務職系の資格を取得した上で一般企業へOLとして再就職する方も増えてきていますので、気になる方は近所の職業訓練所を調べてみることをおすすめします。 他業種へ転職してわかったこと(良いコト・悪いコト) 看護師は専門学校や看護学校卒業後すぐに医療業界に就職する方が多いだけに、社会人であっても他の世界を知らないという方の割合が高い傾向にあります。 そのため、他業種へ転職して初めて分かる良いコト、悪いコトもたくさん存在します。 ここでは、転職を経験した方だけが実感した、その良いコト・悪いコトをご紹介したいと思います。 良いコト ・なんといっても夜勤やサービス残業がないのが最高です!規則正しい生活をおくることができるようになったので、心身共にかなり楽になり、健康度がかなり上がりました ・以前いた病院は残業が当然のように行われていましたが、いわゆるサービス残業が多くてうんざりしていました。 今の職場は残業した場合は15分単位で残業代が出ますし、そもそも残業自体が非常に少ないので嬉しいです。 ・日勤となったので夜の時間に余裕ができ、家族と一緒の時間を増やすことができるようになりました。 また、土日が休みなので、子供や夫と一緒に出かける機会が増えたのも良かったです。 悪いコト ・看護師と比較すると、やっぱりお給料が悪いです。 前職(看護師の仕事)が給料に見合ったものであったかは疑問ですが、やはり毎月のお給料の額を考えると、看護師の頃の方がかなり多かったです。 ・看護師業界は女社会なので人間関係がギスギスしやすいと言われますが、人間関係の乱れはどんな職種・職場にでも起こり得ることだということが分かりました。 今の職場は派閥争いが露骨過ぎて、職場にいるだけで気疲れをします。 人間関係に悩んで看護師を辞めたのに、これではあまり意味がありません。 いかがでしたか? ここでご紹介したのはほんの数例ですが、他業種へ転職をすると、目の前の世界ががガラリと変わるような新鮮な体験をするはずです。 そのことに不安を感じるのではなく、希望を抱けるようになりたいですね。 他業種への転職をお考えなら 医療業界と関係のない他業種への転職をお考えであれば、やはり手始めとしてハローワークを利用するのが一般的です。 ハローワークは無料で求人情報を検索できるだけでなく、就職相談や就職支援、職業訓練などを申し込むことができます。 上手に活用すれば、転職の強い味方となってくれることでしょう。 ただし、ハローワークに集まる求人情報は零細企業が多く、中にはブラック企業と呼ばれる悪質な会社からの求人が混じっている場合もあるので注意が必要です。 ハローワークの他にも、大手求人サイトとそのキャリアアドバイザーを利用する、派遣会社へ登録するなど、転職先を探す手段は多彩です。 一度にどれもこれもというのは大変ですし効率も悪いので、まずは雇用保険の手続きなども行っている、ハローワークに足を向けることから初めてみてはいかがでしょうか? 看護師資格を活かして働きたい!という方は 一方、看護師の資格を活用して医療関連業界に就職したい場合は、看護師専門の求人サイトや就職支援サイトを利用するのが一番です。 これらのサイトには、看護師求人だけでなく、医療コーディネーター、治験コーディネーター、臨床開発モニター、保健師、医療相談員、介護施設職員などなど、看護師以外の求人も多数揃えられています。 看護師免許必須の仕事の多くは、専門性が高いためハローワークや一般的な求人サイトには案件があまり流れません。 その点、看護師専門の転職支援サイトなどの場合は「看護師免許必須」「看護師実績のある方優遇」といった求人案件も多数取りそろえられています。 これらの看護師専門の求人サイトは、登録すると専門のキャリアアドバイザーなどがつく場合が多く、条件を伝えておくと、条件に合った求人を紹介してくれたりもします。 面接日の調整や条件交渉、履歴書の書き方、面接対策などにも対応してもらえるので、興味のある方はチャックしてみることをおすすめします。 看護師の活躍の場が広がりを見せている今の時代、看護師の経験や資格を活かした他業種での働き方も多彩になりつつあります。 看護師転職サイトなども他業種案件の取扱いを重視するようになってきているため、数年前に比べ、他業種の転職先探しに苦労することも少なくなってきています。 転職で不安を感じている方や、他業種へ興味があるが内情が良く把握できないという方は、まずは情報集めから始めてみることをおすすめします。

次の

50代看護師の転職で自分に合った求人を選び、働き方を改善する

看護 師 から の 転職

子育て中の看護師が転職をするときには、院内託児所があるかどうかということが大きなポイントになることがあります。 しかしその院内託児所もさまざまなルールがあるので、事前によく確認をしておくことが大切です。 子育てをしながら看護師復帰を目指す時には、その病院に院内託児所があるかどうかということは、大きなポイントになります。 院内託児所があるかどうかで、働きやすさが全く変わってくるからです。 ただ著者である私は実際に転職し、院内託児所を利用したときに「あーこれは事前にチェックしておくべきだった!」と思ったポイントがいくつかあります。 ここでは子育て中の看護師が復帰や転職を考えた場合、そして院内託児所を利用することを考えた場合、どんなところに気を付けて事前にチェックするべきか?というポイントをご紹介していきます。 しかしながら自分の子供はまだ小さいので、どれくらい働くことが出来るか自分でもよくわからないということもあると思います。 看護師は国家資格を持つ仕事です。 そのため結婚したり子供が小さいことを理由に退職して家庭に入り潜在看護師になる人も少なくありません。 しかしながら看護という専門性をもっと勉強したい、女性として専門職として輝ける看護師の仕事を続けたいと希望して、家庭の環境を配慮しながら、ずっと仕事を続けていく人も少なくありません。 ただ転職を始める上で一番大切なのは、子供の保育に関すること。 転職をしてみるまで、どのような部署に配属され、どのような勤務形態になるか予測もつきません。 子供が小さいので夜勤は免除してもらえるように掛け合うつもりでしたが、残業などは当然あると考えていました。 また急に子供が病気になった時、どのように対処するべきか?もちろん家族の協力は不可欠ですが、これはよく考えておくべきですね。 私は当時、夫の実家も私の実家も遠く離れたところに住んでおり、ほかの家族の協力を得るということが出来ませんでした。 子供の急な病気の時は休むしかないと腹をくくっていたのですが、少し回復したら、院内託児所ということを考慮すると早めに仕事復帰できるのではないかと考えていました。 またその理解がないと、働くのは難しいと考えてもいました。 しかし働く以上責任はあります。 常勤でも非常勤でも関係なく、子供がいるから残業できません。 子供がいるから、病棟会議には出席できませんという言い訳はできません。 そのため、病気になった時の院内託児所の対応はどのようなものなのか?ということをチェックしておく必要があると考えていました。 幸いにも私の子供が通った院内託児所では、熱が出たときには、別の個室で待機保育をしてもらい小児科の医師の診察を受けることが出来ました。 (これは院内保育所の大きなメリットであると思います)また、ある程度回復しまた預け始めるまでの期間としては、他の認可保育園に比べ早かったのではないかと考えます。 例えば看護師だけでなくても、医師や事務といった職種の人でも利用することが出来ます。 そのため比較的朝早くから、夜遅くまで利用できることが多いです。 また夜間保育を行っているところもあるので、夜勤をする看護師にとってはとても心強い制度になります。 そんな院内託児所ですが、いつ何時でも利用することはできるのでしょうか。 私は転職時の面接の際に院内託児所を見学することはできましたが、細かなルールということは確認しなかったので、実際転職した後に、あー失敗したと思うことがいくつかありました。 まず一つは、自分の勤務の時には利用することが出来るが、それ以外には利用することが出来ないということです。 院外の認可保育園などは、一旦入園すると、平日自分の休みの時でも子供を預けることができ、少し休息をとることも可能です。 しかしながら院内託児所というところは、事前に自分の勤務もしっかり把握をされています。 そして原則自分が勤務の時には預けることが出来るが、それ以外は預けることが出来ないという決まりなのです。 もちろん緊急で預けることもありますし、臨機応変に対応してもらえる場合もありますが。 しかし始めから休みの日はダメですと言われたら、預けにくいですよね。 せっかくの休み、午前中だけでも体を休めたい…と思ってもなんとなく預けづらい現状がそこにあり、体の回復が出来ないということがよくあるのです。 2交代制だったため、夕方16時ごろ子供を預け、翌日10時ころ迎えに行くのです。 子供は夜間託児所で寝ているので、迎えにいった時には元気いっぱい。 一方私は疲労困憊。 夜勤明けに迎えに行ったときの子供の満面の笑みを見ると、疲れなんて吹っ飛び癒されるのですが、しかし自宅に帰るとぐったり…ということを繰り返していました。 でも子供は異常に喜ぶんですよね。 いつもは、残業で一番最後まで残っているのに、夜勤明けには、朝の早いうち、つまり一番初めに迎えに来てくれて帰ることが出来るという優越感があるのです。 そのため興奮していることが多いですね。 本当はそのまま自宅に帰りたい、でも休むことはできない…だから、午前中はそのまま買い物に行って少し遊ばせて、昼ご飯を食べてすぐに家で一緒にお昼寝というサイクルを繰り返していました。 ただ私は本当に疲れが取れず、子供は起きだしているのに、私はなかなか起きれず、DVDを見させながら夕方まで過ごすということを多かったです。 夜勤の回数が多くなくても、これを繰り返すというのは、体力的にも精神的にもとても負担になります。 そのため、私はこれから転職する人にはぜひチェックをしてほしいと思います。 夜勤明けの保育はありか?ということ。 それがあるかないかで全く働きやすさが変わってくると思います。 例えば、院内会議に出席をすること、病棟の会議に出席をすること、また看護研究のメンバーに選ばれることもあります。 事前に決まっていることも多いですが、研修に参加するという場合もあります。 勤務時間内で参加できるようなものはいいのですが、勤務時間内にできないものというのもありますね。 例えば、看護研究でみんなで勤務を合わせて集まるとき。 その場合は、子供を連れていくわけにはいきません。 ではどうするか? そのような時には院内託児所にお願いをするしかないのです。 私の勤務先では幸い1時間程度なら緊急で預かってもらうことが出来ました。 そのため子供を自宅に一人で…ということはありませんでしたね。 また研修に関しては、勤務という扱いで参加することが出来たので、院内託児所を利用することが出来ました。 そのため安心して参加することが出来ましたね。 病院によっては、院内託児所の保育士さんの数に限りがあるため、臨時では預かることが出来ないというところもあるようです。 実際に友人は看護研究の集まりに子供を連れて行った人もいました。 院内託児所に求められること。 それは自分が働いて保育が出来ない間に、安心して預けられるところであること。 そして何かあった時に対応可能であることが一番のポイントではないかと思います。 転職をするときに求人を詳しく見ても、院内託児所については、院内託児所あり、なしだけがかかれて終わっていることも少なくありません。 その他の情報については、自分で面接のときに聞き取る、またアポイントメントをとって見学をして詳細を調べるという方法しか知る手段はありません。 ただ働くことと預けることは転職するうえで大きな課題になります。 そのため事前に出来る限りの情報を得て、自ら働きやすいところを選んでいくことが大切なのです。

次の