ディズニー すい てる 時期。 【混雑も】イベントがない時期のディズニー楽しみ方6選!メリットまとめ!

【混雑も】イベントがない時期のディズニー楽しみ方6選!メリットまとめ!

ディズニー すい てる 時期

この記事のもくじ• 待ち時間の差、なんと76倍!激混みの日とガラガラの日 「ディズニーランドとかディズニーシーって、いつも混んでるイメージだけどいつが空いているの?」というギモンは誰もが持つと思います。 ディズニーリゾートをできるだけ効率的に、そしてできるだけ多く楽しむための一番簡単でわかりやすいのは「空いている時期に行く事」。 …なーんだ、つまらない!と言われるかもしれませんが、例えば下の写真を見てください。 …これは「一番空いている時期」と「一番混んでいる時期」のディズニーランド、「ビックサンダーマウンテン」の待ち時間を比べたもの。 写真を見ていただければ説明の必要はありませんが、極端な話、混んでいる時と空いている時はこれくらいの差があります。 混雑している時期に軽い気持ちで行ったものの、大混雑で何にもできなかった…なんていう話はよく聞きますよね。 それではもっとびっくりの写真をお見せしましょう。 …ちょっと驚きの写真。 こちらは上の写真はグランドオープン直後のゴールデンウィークの時、下の写真は冬の閑散期の平日夕方、一年で一番空いているガラガラの状態との比較です。 こちらは正直言って、かなり極端な例ではありますが、混んでいる時と空いている時の違いだけで、全く同じアトラクションである事は言うまでもありません。 …「380分」と「5分」。 なんと76倍の待ち時間の差ですね。 …しかしながら、こんな状態でもゲストが支払うパスポート代金は全く同じ。 アトラクションに乗れなかったとしても料金は帰ってきません。 …数あるレジャー関係の施設。 映画や食事などは「誰もが同じ様に支払った対価と同じサービスが提供」されますが、ここ、東京ディズニーリゾートではそうはいきません。 大混雑日に行って、何にもできなかった…と言う事が無いようにしたいものです。 …誰もが夢と魔法の世界を求めてパークを訪れますが、目の前の現実も十分理解する事が大切です。 それじゃあ、どうすればいいの?…と言う事に対して、一番簡単な答え。 それは… ディズニーパークを楽しむ答えはカンタン。 空いている時期に行くこと! 「じゃあ、具体的にいつ行けばいいの?」と、言う事で、一番簡単な答えは「空いている時に行く事」。 それでは気になる「混んでいる時期」と「空いている時期」について触れてみましょう。 一番わかりやすいのは、学校などが長期休みである「春休み」、「夏休み」、「冬休み」期間は平日でも混雑します。 詳しくは後述しますが、パークの混雑はまず大原則として、年間を通じて「学校の休みに大きく影響される」と言う事です。 …逆に言うと「レジャー産業が閑散期となる1・2月」や「新学期・新生活が始まる4月」などが比較的空く時期となります。 また、よくあるディズニーリゾートの紹介サイトでは「1・2月は空いている時期!」と書かれている事が多いのですが、確かにその時期は全体的には空く時期です。 しかしながら、実際は1月と言っても年明けの正月は激混みですし、冬休み期間は混みます。 また、2月も後半は学生で混み始めますので、この情報ももう少し細かく整理する必要があります。 これはもう少し細分化できますので、後で述べます。 ディズニーが混むのは週末。 じゃあ、平日は空いてる!・・・の大きな誤解? いつでも混んでいる東京ディズニーリゾート。 …でも平日なら空いているよね?と、お思いの方が多いと思います。 簡単に言うとそれはほぼ正解。 しかしながら、「平日ならばいつでも空いている」と思っていると、痛い目にあってしまいます。 まず、混雑具合を一週間の曜日で考えると、言うまでもなく週末の土日は混雑。 平日で一番混むのは月曜日になります。 一般的に「平日が空く」というのは事実ではありますが、こちらももう少し細分化できます。 以下は曜日ごとの大まかな目安を7段階で記してみました。 火耀日 3 前後に休日が付かないため、比較的空く 水耀日 2 週の真ん中でかなり空く。 木耀日 1 前後に休日が付かないため、一番空く。 金耀日 4 翌日が土曜なので、午後や夕方から来るゲストが増。 土耀日 7 一週間で一番混む日。 年間通じて変わらない。 日耀日 6 土曜よりは空く。 秋時期は月曜より空く事もあり。 …と、概ねこんな感じになります。 わかりやすくするために水曜と木曜に差をつけていますが、現実的にはそれほどの差はありません。 ただ、注意していただきたいのはクリスマス、ハロウィーンなどの「季節のスペシャルイベント初日」や、新規アトラクション、新ショーやパレードの初日には空いている日でも局地的に混む事がありますのでご注意を。 また、人気の秋やクリスマス全盛期の頃は平日でも上記の空き具合が当てはまらない時もありますので注意が必要です。 こちらについては別の機会に述べます。

次の

東京ディズニー再開の混雑状況予想は空いてる?1万5千人の入場制限

ディズニー すい てる 時期

も く じ• ディズニーが空いている日は分かりにくいが、混雑日は予想がつく 空いている日を目指していくのは、みんな同じように空いている日に行きたいのでなかなか難しいところです。 ですが、「混雑する日」というのは、わりと分かり易いので、その日を避けるだけでも随分違ってきますよ。 1.春休み 春休みは気候が良く、子供が休みであったり、高校生の卒業旅行等で、ディズニーリゾートへ行く人が多くなります。 入場制限がかかる日も多いです。 2.ゴールデンウィーク、シルバーウィーク ゴールデンウィーク、シルバーウィークは、5月と9月にあり、気候がいいので混雑具合も増します。 2015年のシルバーウィークは、9月19日(土)~9月23日(水)までの連休となったので、大変な混雑となりました。 2015年のゴールデンウィークには入場制限はかかりませんでしたが、2015年のシルバーウィークでは、ディズニーランド・ディズニーシーともに、9月21日(月)・9月22日(火)は入場制限がかかりました。 3.ハロウィン時期 ディズニーリゾートのハロウィン時期は、だいたい9月初め~10月末までです。 年々、ハロウィーンの人気が高まり、入場者数も多くなっています。 ランドとシーを比較すると、ディズニーランドの方が人気が高かったのですが、2015年のハロウィン時期には、ディズニーシーの人気が高まりました。 シーで新しく始まったイベント「ヴィランズワールド」(ディズニーの悪役達をメインにしたイベント)の人気がすごくて、今ではヴィランズの手下さんたちを目当てに行く人も多いですね。 ハロウィンの時期には、「全身仮装OKの日」というのが設けられます。 ディズニーリゾートでは、全身仮装は小学生までしか認められていませんが、このハロウィンの特別指定日だけは、大人も全身仮装がOKとなり、仮装して入場したい人がドッと押し寄せますので、特にご注意ください。 4.クリスマス時期 ディズニーリゾートのハロウィン時期は、だいたい11月初め~12月末までです。 寒い季節になりますが、クリスマス人気により、人数は多めです。 5.年末年始 カウントダウンをディズニーリゾートで過ごすには、専用のパスポートが必要になります。 このカウントダウンパスポートも大変な人気で、抽選が行われます。 6.都民の日、県民の日 関東付近の一都五県には「都民の日、県民の日」が存在し、公立学校が休校になりる都・県もあります。 地方から行く人にとって、この「都民の日、県民の日」は要注意です。 私が住んでいる県には「県民の日」がないので、そういう日があることにびっくりしました。 平日にディズニーリゾートに行ける人は、本当にラッキーですね。 羨ましい! ですが、平日だといつでもすいているのかというと、そうでもないので要注意! 意外と混むのが月曜日 月曜日は、小学校や中学校の、運動会や文化祭、授業参観などの振替休日となることがあるので、混んでいることが多いです。 今までの傾向を見ると、金曜日より月曜日の方が混雑することが多いようですね。 土日+平日でディズニーリゾート旅行の計画を立てる場合は、 土・日・月で行くよりも、金・土・日で行った方がいいかもしれません。 一番空いているのは水曜日。 週の真ん中ということもあり、人が少ないことが多いようです。 土曜日と日曜日はどっちが混雑してる? 週末や連休を利用して、東京ディズニーリゾートに行く人も多いと思います。 まず、土曜日と日曜日を比べると、 土曜日の方が混雑傾向にあります。 「土曜日たくさん遊んで、日曜日はゆっくりしたい」とか、「土曜日だと、閉園時間ぎりぎりまで遊んでも、次の日休みだから大丈夫!」というのが理由のようですね。 連休は最終日が狙い目 連休の場合は、最終日が一番混んでいない、という傾向にあります。 まあ、そうはいっても、ディズニーリゾートの近くに住んでいるなら連休最終日に遊びに行くことも可能ですが、遠方からの旅行の場合は、連休最終日に朝から晩まで遊ぶというのは難しいですけどね…。 ディズニーが混雑する時期・すいてる時期「まとめ」 社会人だと、好きな時にお休みを取れるお仕事の人もいるかと思いますが、学生さんや子連れの場合はなかなか難しいですね。 でも、混雑していても楽しめるのがディズニーのすごいところ! ぜひ、楽しんでくださいね!.

次の

【ディズニー空いてる時期ランキング】ランド&シーが混雑する月や曜日は?連休は?

ディズニー すい てる 時期

この記事のもくじ• 待ち時間の差、なんと76倍!激混みの日とガラガラの日 「ディズニーランドとかディズニーシーって、いつも混んでるイメージだけどいつが空いているの?」というギモンは誰もが持つと思います。 ディズニーリゾートをできるだけ効率的に、そしてできるだけ多く楽しむための一番簡単でわかりやすいのは「空いている時期に行く事」。 …なーんだ、つまらない!と言われるかもしれませんが、例えば下の写真を見てください。 …これは「一番空いている時期」と「一番混んでいる時期」のディズニーランド、「ビックサンダーマウンテン」の待ち時間を比べたもの。 写真を見ていただければ説明の必要はありませんが、極端な話、混んでいる時と空いている時はこれくらいの差があります。 混雑している時期に軽い気持ちで行ったものの、大混雑で何にもできなかった…なんていう話はよく聞きますよね。 それではもっとびっくりの写真をお見せしましょう。 …ちょっと驚きの写真。 こちらは上の写真はグランドオープン直後のゴールデンウィークの時、下の写真は冬の閑散期の平日夕方、一年で一番空いているガラガラの状態との比較です。 こちらは正直言って、かなり極端な例ではありますが、混んでいる時と空いている時の違いだけで、全く同じアトラクションである事は言うまでもありません。 …「380分」と「5分」。 なんと76倍の待ち時間の差ですね。 …しかしながら、こんな状態でもゲストが支払うパスポート代金は全く同じ。 アトラクションに乗れなかったとしても料金は帰ってきません。 …数あるレジャー関係の施設。 映画や食事などは「誰もが同じ様に支払った対価と同じサービスが提供」されますが、ここ、東京ディズニーリゾートではそうはいきません。 大混雑日に行って、何にもできなかった…と言う事が無いようにしたいものです。 …誰もが夢と魔法の世界を求めてパークを訪れますが、目の前の現実も十分理解する事が大切です。 それじゃあ、どうすればいいの?…と言う事に対して、一番簡単な答え。 それは… ディズニーパークを楽しむ答えはカンタン。 空いている時期に行くこと! 「じゃあ、具体的にいつ行けばいいの?」と、言う事で、一番簡単な答えは「空いている時に行く事」。 それでは気になる「混んでいる時期」と「空いている時期」について触れてみましょう。 一番わかりやすいのは、学校などが長期休みである「春休み」、「夏休み」、「冬休み」期間は平日でも混雑します。 詳しくは後述しますが、パークの混雑はまず大原則として、年間を通じて「学校の休みに大きく影響される」と言う事です。 …逆に言うと「レジャー産業が閑散期となる1・2月」や「新学期・新生活が始まる4月」などが比較的空く時期となります。 また、よくあるディズニーリゾートの紹介サイトでは「1・2月は空いている時期!」と書かれている事が多いのですが、確かにその時期は全体的には空く時期です。 しかしながら、実際は1月と言っても年明けの正月は激混みですし、冬休み期間は混みます。 また、2月も後半は学生で混み始めますので、この情報ももう少し細かく整理する必要があります。 これはもう少し細分化できますので、後で述べます。 ディズニーが混むのは週末。 じゃあ、平日は空いてる!・・・の大きな誤解? いつでも混んでいる東京ディズニーリゾート。 …でも平日なら空いているよね?と、お思いの方が多いと思います。 簡単に言うとそれはほぼ正解。 しかしながら、「平日ならばいつでも空いている」と思っていると、痛い目にあってしまいます。 まず、混雑具合を一週間の曜日で考えると、言うまでもなく週末の土日は混雑。 平日で一番混むのは月曜日になります。 一般的に「平日が空く」というのは事実ではありますが、こちらももう少し細分化できます。 以下は曜日ごとの大まかな目安を7段階で記してみました。 火耀日 3 前後に休日が付かないため、比較的空く 水耀日 2 週の真ん中でかなり空く。 木耀日 1 前後に休日が付かないため、一番空く。 金耀日 4 翌日が土曜なので、午後や夕方から来るゲストが増。 土耀日 7 一週間で一番混む日。 年間通じて変わらない。 日耀日 6 土曜よりは空く。 秋時期は月曜より空く事もあり。 …と、概ねこんな感じになります。 わかりやすくするために水曜と木曜に差をつけていますが、現実的にはそれほどの差はありません。 ただ、注意していただきたいのはクリスマス、ハロウィーンなどの「季節のスペシャルイベント初日」や、新規アトラクション、新ショーやパレードの初日には空いている日でも局地的に混む事がありますのでご注意を。 また、人気の秋やクリスマス全盛期の頃は平日でも上記の空き具合が当てはまらない時もありますので注意が必要です。 こちらについては別の機会に述べます。

次の