ビオトープ 水 換え。 メダカの水換え!失敗しない水槽の水換え方法・頻度は?

金魚のビオトープの作り方!作成手順と必要なアイテムを紹介

ビオトープ 水 換え

水換え不要ってほんと??メダカビオトープの水換え方法と頻度 メダカビオトープは水換え不要? まずは気になるのが「メダカビオトープって水換えしなくていいの?」という疑問ですが、これは『メダカの飼育数と餌の与える量によっては頻繁に水換えしなくてもOK』ということができると思います。 メダカビオトープでは水草や植物、砂利や土などが水質浄化の効果があるため、まったく水草や砂利などを入れていない水槽などに比べると水換えの頻度は少なくてすみます。 我が家のビオトープでは3ヶ月以上水換えをしていませんが、メダカたちはとっても元気です。 ただし、富栄養になってコケが生えたりメダカの調子が落ちてくるような状況になるようなら水換えをしてあげましょう。 ポイントは水槽飼育と同じで餌を与える量とろ過機能ですね。 3ヶ月以上水換えしていないメダカビオトープ メダカビオトープの水換え頻度は? 水質にもよりますが、コケが少しでも生え始めていたら水換え、メダカの動きや食欲ががおかしかったり、産卵頻度や産卵する量が少なくなってきたら水換え、というのがおすすめです。 水質が変わるとメダカたちは季節の変動だと思うのか、産卵を始めたり食欲を戻すことがあるように感じます。 コケは放置しておくとどんどん広がって鑑賞のジャマになります。 メダカビオトープの水換え方法 メダカは飼育できる魚の中ではとっても丈夫な生き物です。 我が家では足し水や少量の水換えであれば水道水をそのまま入れてしまっています。 ただし水道水には有害な塩素や重金属類が含まれているとされていますので、カルキ抜きなどを希釈してから入れてあげることをおすすめします。 きれいな水になるといっても、急激な水質や水温の変化は小さなメダカたちにとっては非常に体の負担になってしまう可能性があります。 ビオトープの水換えや水足しにはペットボトルを使っています こんなときは水換えしよう! コケが少しでも生え始めてきたり、水が少しでも濁ったように感じたら水換えのサイン。 コケはそのまま放置しておくとアオミドロという厄介なコケに悩まされることになります。 餌の量も見直したほうがいいかもしれません。 それから、それまでは毎日のように産卵していたのに急にぱったりと産卵しなくなってしまった、というのも水換えの時期かもしれません。 水質が悪化してくるとメダカたちは産卵をストップしてしまいます。 関連記事もあわせてご覧ください.

次の

魚を飼育する上で欠かせないのが水換え。けっこう重労働なんですよね。メダカビオトープは水換え不要?水換え方法は?という疑問について考えます。│めだか水産 広報部

ビオトープ 水 換え

微生物と植物が水質を浄化する 何故水換えが必要になるかというと、水質が悪化するからです。 生物はフンや尿を排出しますが、アンモニアが生物には有害です。 アンモニアが溜まると、魚は死んでしまう。 そこでアンモニアを分解するのが バクテリアです。 バクテリアはアンモニアと亜硝酸塩を食べ物とし、硝酸塩に分解していきます。 硝酸塩はもう分解されないのですが、植物が窒素酸化物として吸収してくれるんですね。 よく出来ていますよね。 本当に自然の仕組みには感心します。 この バクテリアが繁殖するのが、赤玉土など多孔質な物質です。 ごつごつ、凸凹した物質。 なのでメダカの飼育には赤玉土、もしくは凹凸の多い砂利を多めに入れることが重要です。 そして 植物もできればたっぷり入れる。 水草はメダカたちの隠れ場所にもなり、落ち着いて暮らす環境を提供してくれます。 餌を与えすぎない バクテリアが繁殖することで、睡蓮鉢やトロ船といったホームビオトープ内には水質浄化のサイクルが作られていきます。 とはいえ、本来の自然と異なり、容器はとても小さい。 完全にはほど遠いので、ある程度の配慮が必要になります。 それが 餌を与えすぎないことです。 日光の当たるビオトープ環境においては、水中に植物プランクトンや微生物が繁殖し、メダカたちはそれらを餌にすることができます。 なんなら餌をまったく与えなくても、生きていける。 とはいえ餌なしだと飼育できるメダカの数も減りますし、痩せてくるので、健康に卵を産んでほしい僕は一日に一度ほど餌を与えています。 餌に群がってくる姿は、かわいいですしね。 2分ほどで食べきれる量だけを与えるようにしましょう。 足し水の仕方 屋外でメダカを飼っていると、飼育容器の水が自然に毎日減っていきます。 夏も冬も減ります。 そこで減ったぶんの水を足していくわけです。 足し水には水道水を汲み置きしておいたものを使っています。 理由は、水道水には消毒用のカルキ(塩素)が含まれていて、メダカやエビなどはこのカルキが有害だから。 カルキは屋外で一日放置することで消えます。 僕はバケツなどに水を汲んでおき、ビオトープに足し水をしたらまた汲んで放置することを繰り返しています。 市販のカルキ中和剤を使うのもひとつの方法ですね。 睡蓮鉢などへの入れ方は、ジョウロを使ってます。 一気に入れてしまうと土が舞い上がるので、ジョウロを使うなどして、少しずつ足していくようにしましょう。 足し水をすることで新しい水がビオトープ内に入り、多少の水質改善にもなるんじゃないでしょうか。 タニシ様が有能 水質浄化には、タニシも活躍してくれます。 せっせと苔を食べ、大繁殖しないことで、ビオトープの密かな人気者となっているタニシさん。 彼らの偉大さは苔や餌の食べ残しを食べてくれるのみならず、水質まで浄化するスーパー能力があることです。 説明は省きますが、タニシは植物プランクトンを摂取して水質の浄化・改善をしてくれる。 メダカとの相性も良いですし、導入をおすすめする生物です。 大型睡蓮鉢の水の安定性 赤玉土を使い、水草を植えても、小さな容器ではどうしても水質浄化のシステムを安定させるのは難しくなります。 その点においても、大型睡蓮鉢を導入して良かったと思っています。 たっぷりの赤玉土を使うことで大量のバクテリアが生息できるようになり、多くの植物の力を借りることが可能になり、水も多いのでいきなり汚れない。 水質が悪化しにくい。 おすすめします。

次の

水槽の水換え方法と小技をご紹介!

ビオトープ 水 換え

完成してしばらくの間はきれいな水質だったのですが、自然風に仕上げようとしてビオトープの中に入れた土が水を富栄養化し アオコと アオミドロが大発生しました。 ポンプの吸水口やオーバーフローの排水口を詰まらせてしまい、悪臭を放つのでなんとか除去しようと試みましたが、いくら除去しても次から次へと増えてしまい手に負えない状態になってしまいました。 いろいろな濾過材や薬品も使用してみましたがどれもいまひとつ効果が感じられず、水の循環流量を多くしても効果はありませんでした。 結局ビオトープ第一号は、最後まで水が澄んだ状態に戻ることはありませんでした。 その後試行錯誤した結果、ある種のバクテリアが強力な水質浄化作用を持っていることがわかり、循環システムと組み合わせて使用してみると、みるみるうちに水が透明に浄化されるようになりました。 これ以来、アクアフォレストのビオトープでアオコが発生することはなくなりました。 ビオトープの底が見えなくなるほど アオミドロが大発生した ある日、ビオトープ第一号の様子を見るために屋上に出て驚いたのですが、ビオトープの水が真っ黒になっていました。 よく見ると水が見えなくなる程のカラスの大群がビオトープの中で水浴びをしていたのです。 あわてて追っ払いましたが、ビオトープの中はカラスの羽根だらけで水生植物も壊滅状態でした。 すぐにいろいろなカラス除けグッズを購入してビオトープ周りに設置したところ、カラスは近くまでは寄ってきても水の中に入ることはなくなりました。 しかし、慣れてしまうこともあるようなのでいろいろな方法を模索した結果、ある種の植物がカラス除けになることがわかりました。 早速試したところぴたりとカラスが寄ってこなくなり、それ以来カラスのトラブルで悩まされることは無くなりました。 機能的なトラブルではないのですが、やはりビオトープは目で見て楽しむものなのでデザインも大切な要素です。 このビオトープ第一号を作ったのはアトリエを開設する前でったので、どのようにデザインしたら良いか分からず、環境デザイナーという人にお任せしてしまいました。 しかし、完成してから滝を眺めていると何かおかしな感じがします。 ひょっこりと不自然に突き出た山の周りに同じような大きさの岩が人工的に組まれ、その頂点からダラダラと単調に流れ落ちる滝は趣きがなく、見ていて美しさを感じられません。 造園的に見れば典型的な失敗作です。 今となって写真を見ると、どうしてこんな滝を作ってしまったのだろうと恥ずかしくなりますが、当時は美しいデザインの仕方が分かりませんでした。 ある高名な造園家にお会いする機会に恵まれいろいろとご指導いただいたのですが、ビオトープを作る時は森の中にある自然の水辺の様子をお手本にすると良いと教えていただきました。 例えば滝を作るのであれば、自然の滝は山と山の間の谷に水が流れてできるものだから、滝の両サイドは高くなっていないと不自然な感じになる。 又、水はストンと真っ直ぐに落とすのではなく、岩をバウンドして不規則に落とした方が趣きがある等々。 その後、実際に森の中にある自然の滝や小川を見に行ったり、水辺の写真集を見て研究するうちに少しずつ自然な水辺の形を表現できるようになりました。 この時の経験から、ビオトープのデザインは人任せにせず、全て自社で行うようにしました。 美しいビオトープを作るなら自然の水辺の様子をお手本にすると良い このビオトープ第一号は試作した一年後に解体し、諸々の調査をしたので現在はありません。 何も分からないまま手探りで作ったビオトープ第一号は様々なトラブルを発生してくれましたが、同時に様々なトラブルの原因と解決方法を勉強させてくれました。 この時の貴重な経験が現在のビオトープ作りに活かされています。 実はビオトープのトラブルの中でも水の濁りは非常に注意しなければいけない問題なのです。 水の濁りとはアオコ 抹茶のような緑色に濁る現象 やアオミドロ(ヌルヌルとした綿状の藻類)であることが多いのですが、注意しなければいけないのは「アオコ」の方です。 アオコに毒性があることはあまり知られていませんが、子供やペットが不用意にアオコの発生したビオトープに触れることは危険なので注意してください。 万一アオコが発生してしまったら放置せず、速やかに水を抜いて天日干しすることをおすすめします。 水を緑色に濁すアオコの正体は浮遊性の藻類なのですが、単に水を貯めただけというビオトープなどに良く見られ、水中の栄養分 リンや窒素 をエサにして光合成を繰り返し、夏場は一日で二倍という猛烈なスピードで増殖しますので、一度発生し始めるととても手に負えなくなります。 一度アオコが発生してしまってから濾過などを行ってもあまり効果はありませんので、アオコが発生できない環境をあらかじめビオトープに備えておくことが最善の策といえます。 アオコが発生する最も大きな原因として、水の富栄養化と嫌気化 よどみ があげられますが、この2つの対策を行うだけでも随分と水がきれいになります。 具体的な方法としては、富栄養化の原因となる池底の土を取り除き、ポンプ等を用いてビオトープの水量に応じた適切な流量で水の循環を行い 水量に対してあまり少ない流量では効果がありません 、適切な濾過材等を用いて水中の栄養分を常に下げておくことです。 尚、浮遊性の藻類であるアオコは流れのあるところに生息できないから水を循環するだけで十分と言われる人もいますが、<適切な水の循環>と<富栄養化対策>の2つが備わっていなければ、流れがあってもアオコを防ぐことは困難です。 ちなみにアクアフォレストのビオトープは、独自設計の循環システムと強力な水質浄化バクテリアを組み合わせて使用することにより、常に澄んだ水質を保てるようになっています。 流れがある池に発生したアオコ ビオトープに使用する水といえば自然の地下水(井戸水)がふさわしいと思われがちですが、これらの水は透明であってもアオコやアオミドロの原因となる窒素やリンがたくさん含まれていることがあります。 特に畑作地帯の地下水は肥料の影響で富栄養化していることが多いので注意が必要です。 以前、讃岐うどんの名産地である徳島の老人ホームでビオトープを作った時のことですが、畑作地帯から離れた街中にある施設だったにもかかわらず、アオミドロが大発生してしまいました。 後になって分かったのですが、徳島の街中にはうどん屋がたくさんあり、そこから下水に流されるうどんのゆで汁が川や地下水の汚染を引き起こしていることが判明し、近年問題になっているとのことでした。 このように地下水には思わぬ養分が含まれていることがありますので、お庭のビオトープに使用する水はできるだけ水道水を使用することをおすすめします。 地下水がビオトープに適しているかどうかを調べたい場合は、市販の検査キットで簡単に水質の検査することができます。 市販の水質検査キットで窒素、リン等の含有量が簡単に調べられる 蚊の幼虫であるボウフラは流れの無い汚れた池や水溜りに発生します。 水がよどみやすい水鉢ビオトープなどでよく見かけますが、いずれ蚊が発生することになりますので衛生的に良くありません。 メダカを入れておけばボウフラを食べてくれるとよく言われますが、それよりも効果的なのはポンプなどを使い水を循環させることです。 水を循環させることによりボウフラは生息できなくなり、水も汚れにくくなります。 ボウフラを食べてもらおうとしてビオトープにメダカをたくさん入れたところ、繁殖しすぎて無数に増えてしまったというケースもありますので、メダカの入れすぎには注意が必要です。 一見きれいな睡蓮鉢ビオトープ。 しかし良く見るとボウフラが・・・ 屋上にビオトープを作ると多く見られるトラブルですが、特に病院や老人ホームでは嫌がられるトラブルです。 カラスはビオトープが好きなようで、ある施設の屋上にビオトープを作ったところカラスの大群が集まってきて水浴びをはじめてしまい、追っ払うのに大変な苦労をした経験があります。 カラスの飛来を防止する方法はいろいろと提案されていますが、テグスやネットを張ったりという方法では景観を損ないますのであまりお勧めできません。 最近ではホームセンターの園芸用品売り場に「カラス除け」なるグッズが売られています。 アクアフォレストでもいろいろ購入して試してみましたが、ある程度効果はあるようですので試してみてください。 中でも「カラスなぜ逃げる」という商品は効果があるようです。 ちなみにアクアフォレストが病院や老人ホームでビオトープを作る際は、カラスが嫌うある種の植物をビオトープのまわりに植えて飛来を防止していますが、この方法でカラスが寄ってきたことはこれまでありません。 ビオトープが完成するとやはりメダカを入れたくなるものです。 メダカは2〜3匹では目立たないので、つい一度にたくさん入れがちなのですが、無数に増えてしまい手に負えなくなってしまったというケースがよくあります。 ビオトープの中には藻類や水草等、メダカの食べ物となるものはいくらでもありますのでエサを与えなくても餓死することはまずありません。 ビオトープにメダカを入れるのであれば、最初は5匹位からはじめて 様子を見ながら少しずつ増やす 、エサは与えないようにすることをおすすめします。 せっかくビオトープを作ったのに水漏れしてしまったという話を良く聞きます。 最近では屋上緑化やアトリウム等、建築物の中にビオトープを設けることも多くなりましたが、その際水漏れは大きなトラブルにもつながりますので特に注意が必要です。 よくある水漏れ事故の例毎に原因を説明します。 <原因> 防水シートは簡易的なビオトープを作るには適していますが、素材の性質上、耐久性を求めることは少し無理があるようです。 短期の間だけ楽しむために簡易的なビオトープを作る場合は問題ありませんが、本格的にビオトープを作る場合は使用しない方が安全です。 <原因> 防水シートが剥き出しのままだと耐久性が心配で見栄えも良くない、との理由でその上から保護モルタルを塗るケースがありますが、残念ながら柔軟性のある樹脂製の防水シートにモルタルは付着しません。 地面は常に動いていますので、地震など何らかの動きが加わった結果、防水シートとモルタルが剥離し割れたものと考えられます。 このような状態の上にいくらモルタルを塗りなおしても、またすぐにひび割れてしまいます。 モルタルは撤去するのが大変ですので、防水シートの上にモルタルを塗るのはおすすめできません。 <原因> 一般的に鉄筋等の補強材が入ったコンクリートやモルタルは強度が高く安全と思われていますが、補強材を入れてもクラックは発生することがあります。 その場合はモルタルの配合に問題があることが考えられます。 練り水は少ないほど硬化後のモルタルは緻密となり強度・耐久性ともに高まります。 管理された工場内で原料を厳重に計量し、減水剤という特殊な薬剤を使用しなければ作ることは困難です。 又、モルタルを打設した後の養生の仕方によっても品質は大きく変わってきます。 ひび割れを防ぐには、管理された高品質なモルタルを使用し、急激に乾燥しないようブルーシートなどでしっかりと養生する必要があります。 職人さんらしき人が「長年やっているから勘で分かる」といいながらハカリで計量もせずに適当に水を混ぜてモルタルを練っているのを時々見かけますが、このようなモルタルでは ビオトープの素材として求められるような耐久性や防水性を期待することはできません。 ひび割れなどは見当たらないのに毎日少しずつ水が減ってしまいます。 どこかから水が漏れているのでしょうか?と聞かれることがあります。 水漏れしていなくても水が減ることはあります。 ただし、このまま放っておけばいずれ渇水状態になり、ポンプが故障しますので、常に一定量の水位を保たせる調水器や、定期的に水を補給する給水機が付いていれば安全です。 尚、これまでの経験によると、日照りの強い夏場と同様に、空気が乾燥した冬場も水の蒸発が著しいですので、日照りの弱い冬場であっても渇水の注意が必要です。 街かど緑化支援事業 緑化事業費の半分。 助成額限度200万円まで。 助成限度額500万円。 助成限度額50万円。 助成限度額30万円。 助成限度額40万円。 助成限度額100万円。 助成限度額30万円。 助成限度額30万円。 助成限度額40万円。 助成限度額100万円。 助成限度額40万円。 助成限度額50万円。 助成限度額40万円。 助成限度額50万円。 助成限度額50万円。 助成限度額80万円。 緑化面積が5m2以上であること。 助成の内容は問い合わせ。 助成限度額40万円。 助成限度額40万円。 庭池やビオトープを作る仕事をしていると時々聞かれるのが「庭に池を作ると家相的に良いのか?悪いのか? 」という疑問です。 インターネット等で調べてみると、風水では「水は財を生む」と考えられており、庭に湧水池や滝などの水辺を作ることは「吉」とされています。 昨今話題のパワースポットや神社仏閣など、神聖な場所の多くに清澄な水辺を備えていることからもうなずけることです。 風水の本場中国では良い運気を引き込むために家や事務所の玄関に滝のオブジェを置いたりするそうですが、龍もまた運気を上げるアイテムだそうで、昇り龍をイメージさせる曲がりくねった形をした滝は特に重宝されるとか。 風水には様々な情報がありますが、どの情報にも共通しているのは「 きれいで流れのある水は吉、淀んで濁った水は凶」ということです。 他にも風水的に良い魚の種類、水辺を設置する方角等、いろいろな説があるようですが、もし風水に興味がありましたら以下の専門サイトを参考にしてみてください。 きれいで流れのある水辺は「吉」 池と沼の違いは?と聞かれて「カッパがいるのが沼」と答えているテレビCMを見たことがありますが、聞かれてみるとなかなかきちんと答えられません。 これらに明確な定義はないようですが、あえて学術的な分類をすると以下のようになります。 「池」は、地表上の淡水で覆われた領域で、湖ほどには大きくないものを指す。 同様のものを「沼」と呼ぶこともあるが、これらに明確な区別はない。 両者をまとめて池沼(ちしょう)と呼ぶこともある。 日本では、水田耕作の必要から、人工的に作られたため池が多い。 池や湖との区別は明確ではないが、一般に水深5m以内の水域であり、イネ科やシダ、ヨシ、ガマ、スゲなどの草に占められ、透明度が低く、規模があまり大きくないものを指す。 湖沼学上では、水深が浅く水底中央部にも沈水植物(水草)の生育する水域と定義される。 湿っぽく泥の深い地の事を沼地と呼ぶ。 沼地の植物は草よりもむしろ木の方が多い。 「湖」とは、湖沼のうち比較的大きなものであり、一般には水深5-10メートルより深いものを指す。 慣例的には水深が浅いもの(おおむね5m未満)を池とし、それ以上のものを湖とすることが多い。 最深部まで植物が繁茂するものになると沼と呼ぶことが多くなる。 沈殿物は目の細かい網などですくおうしようとしても、水中で舞ってしまうのでなかなかきれい取り除くことができません。 特に敷石の間に蓄積した沈殿物の掃除は厄介で、一度石を取り除いて水換えしたりと結構手間がかかります。 そんな時に便利なのがこの「フィッシュポンプ」。 本来は水槽の水換え用ポンプなのですが、ビオトープの沈殿物除去にも最適な優れものです。 ちょうど石油ポンプの給水口にストレーナを装着したような物なのですが、ストレーナを敷石の上に当てて、石油ポンプのようにパフパフと握ると、沈殿物のみをピンポイントできれいに吸い取り、外に排出してくれます。 これで面倒な水換えは必要はありません。 非常に安価なのも魅力。 (ホームセンターなどで500円程度で購入できます) アトリエのサンプルガーデンも、このフィッシュクリーナーを使い始めてから随分と手入れが楽になりました。 沈殿物のお掃除でお困りでしたらぜひ一度お試しください。 ストレーナー付きの吸い込み口 沈殿物だけが外に排出されます ビオトープの施工を業者に依頼する場合、造園業者に依頼するケースが多いようですが、造園業者であればどこでもビオトープを作れるというわけではありません。 ビオトープを作るには以下の3つの技術と知識が必要になります。 注意しなければいけないのは、残りの2つ 防水技術、水質浄化技術 は造園業者の専門外ですので、この2つの技術をきちんと兼ね備えているかを見極めるのが大切なポイントとなります。 「業者にお願いしてビオトープを作ったのに水漏れしてしまった」「いつまでたっても水が濁ったままで汚らしい」等々、アクアフォレストにはこのようなお困り相談の電話があるのですが、これらの業者に共通するのは防水と水質浄化の技術が伴っていないということです。 関西のある地域では学校にビオトープを作る際に役所から助成金が支給されていたのですが、この助成金を目当てに、技術を伴わない業者が多くの学校でビオトープの施工を行いました。 ところが1年もすると水が貯まらなくなりビオトープが消滅してしまった、というマンガのようなケースが多発しました。 詳しく状況を聞くと「DIY用の防水シートを使用したら水漏れが発生した。 修理したくても修理の仕方がわからない」と、何ともお粗末な言い訳を業者はしているそうです。 ひどいケースでは「ビオトープとはそういうものだ」といってクレームに取り合ってくれない業者もいたそうです。 見かねた役所はとうとうビオトープの助成金を止めてしまいました。 同業者として非常に 残念なことですが、このようにお客様に悲しい思いをさせる悪質な業者が存在することは否めません。 それではこのような失敗をしないためにどのような業者を選べば良いかというと、ズバリ「ビオトープ作りを専門に行っている業者」を選ぶことです。 「ビオトープは何回か作ったことがあるから大丈夫」という業者では話になりません。 これまでのページで何度も説明してきましたが、ビオトープ作りには専門的な技術やノウハウが必要ですので、専門外の業者が片手間にやって上手くいくものではありません。 ビオトープ作りの専門業者であるか否かは、その業者のホームページを見れば一目瞭然でしょう。 専門業者であれば豊富な施工事例や技術的な説明が細かく載っているはずです。 自分が求めているイメージに近い施工事例が載っているか、十分な経験と技術を持っていそうか、丁寧に仕事をしてくれそうか等、業者を選ぶ前にしっかりと読み取ってください。 どんな仕事 も同じですが、ビオトープ作りは経験豊富な業者にお願いするのが一番安全です。 前のページヘ.

次の