生理 ムラつく。 生理前と生理後、性欲が高まるのはどっち?

生理中の性行為にリスクはありますか。

生理 ムラつく

生理が始まった初日から次の生理が始まる前日までが1つの生理周期です。 生理周期には個人差があり、25~38日周期が正常なサイクルといわれています。 まずは、自分の生理周期について知ることから始めましょう。 女性は妊娠が可能な時期になると生理が始まります。 まず、妊娠するために、赤ちゃんのもととなる卵子が作られ、排卵します。 そのときに、女性のカラダは赤ちゃんを育てるために子宮の内側の壁を厚くして、ふかふかのベッドを用意します。 そして、卵子と精子が出合い受精が成立すれば妊娠、受精に至らなかった場合は赤ちゃんのために用意された子宮の壁はきれいに剥がれ落ち、生理として排出されます。 そういった妊娠のための準備や生理にひと役かっているのが女性ホルモンです。 女性ホルモンの中でも、卵胞ホルモンは子宮の内膜を厚くし、妊娠に備えます。 また、代謝をアップさせる働きがあり、女性らしいカラダ作りに欠かせないホルモンでもあります。 黄体ホルモンは厚くなった子宮の壁をふかふかにしたり、妊娠に備えて栄養や水分をカラダに蓄えたりします。 したがって、黄体ホルモンの分泌が多い時期はどうしても体重が増えやすい傾向にあるのです。 妊娠すると、黄体ホルモンの分泌はそのまま続きますが、妊娠しないと、分泌量は徐々に低下していきます。 このように、女性ホルモンにはそれぞれの働きや特性があります。 それらをきちんと理解することがダイエットに成功する近道になるのです。 妊娠に備えて黄体ホルモンの分泌が高まり始める時期です。 カラダに栄養や水分を蓄え始め、食欲も増すと感じる人がいます。 心身ともに不調を訴えがちになるので、この時期はストレスをためずにリラックスして過ごすことを意識しましょう。 運動をすることがストレス解消になるという人は運動を続けても問題ありません。 逆に、運動をする気分になれない人は、無理に運動を続けようとしないで、軽いストレッチやヨガ、ウォーキングなどにとどめておきましょう。 運動によって落ちた体重をリバウンドさせないことを目標にする調整期だと考えると、気分も楽になるのではないでしょうか。 生理前は、便秘やむくみが起こりやすい時期でもあるので、デトックスを意識して、食物繊維や乳酸菌を積極的に摂取したいものです。 水分の取り過ぎにも気をつけなければいけません。 カリウムを多く含むバナナ・リンゴ・ひじき・わかめなどの食品を意識して摂取すると、カラダの余分な水分を体外に排出するのを促してくれます。 生理周期にあわせたダイエットは効率的に行えますが、注意点もあります。 ダイエットの効果を焦るあまりに過度なダイエットを行うことはよくありません。 女性ホルモンは、女性らしいカラダを作ったり、お腹のなかで赤ちゃんを育てたりするのにとても大切なホルモンです。 そのようなホルモンの働きを無視して、過度なダイエットを続けると、逆に、女性ホルモンの分泌が乱れてしまい、生理不順を引き起こす可能性もでてきます。 食事についても、生理周期に関わらず、3食きちんと摂取することが大切です。 過度にカロリーを制限すると、栄養素が偏り、健康問題に発展することもあります。 特に、女性は生理によって鉄分が不足しがちです。 レバーや赤身の多いお肉やお魚といった鉄分が多く含まれる食品を意識しながら、バランスのとれた食事を心がけましょう。 また、生理前や生理中は食欲が増して甘いものが欲しくなることがあります。 精神的に不安定で、食欲の抑制ができなくなり、甘いものでストレスを解消しようとする女性が少なくありません。 ストレスをためない意味で、少しだけ甘いものを摂取するのであれば問題ありませんが、摂り過ぎてはいけません。 甘いものは、急激に血糖値をあげることになるので、カラダには負担になるものです。 食べることでストレスを解消するのではなく、アロマや入浴、音楽鑑賞など自分なりのストレス解消法を探してみましょう。 カフェインやタバコ、アルコールといった刺激物も控えたほうが無難です。 女性は生理周期にともない、女性ホルモンの分泌量が変化します。 優位になる女性ホルモンの種類によっては、むくみやすい時期があったり、代謝がアップしたりするだけでなく、気分にもムラが出てしまうものです。 体重を落としたいと考えているのであれば、卵胞ホルモンの分泌が高まる時期を狙って運動するのが最も効率的。 黄体ホルモンが優位になる生理前や生理中は、体重を減らすことにこだわらずに、ストレッチやヨガなど軽い運動に切り替え、できるだけリラックスして過ごすようにします。 カリウムの多い食品でむくみを防いだり、鉄分の多い食品で貧血を防止したりしながら、バランスの良い食事を意識し、体重を維持しましょう。 いずれにせよ、過度なダイエットは厳禁です。 女性のカラダは、ささいな変化でも女性ホルモンのバランスが乱れ、生理不順を引き起こしたり、最悪の場合は生理がとまってしまう可能性もあります。 ダイエットに取り組むなら、生理周期や心身のバイオリズムを意識して無理なく行い、健康的な生活を心がけましょう。

次の

生理前と生理後、性欲が高まるのはどっち?

生理 ムラつく

女性の性欲が高まるとき、減退するときはいつ? 年齢や時期によって、自分の性欲に差を感じたことはありませんか? ほかの女性と性欲について話す機会はなかなかないかもしれませんが、一般的に女性には、性欲が増す時期と減退する時期があることがわかっています。 今回は、性欲のピークや性欲が増減するメカニズムなど、「女性の性欲」をテーマにお話しします。 男性の性欲のピーク 私たちの体内で性欲を起こす働きを担っているのは、主に、男性ホルモンの一種である「テストステロン」だと考えられています。 男性の場合、10代後半から20代前半にかけて、その分泌量がピークを迎え、その後、次第に減少していきます。 したがって、10~20代が男性の性欲のピークだと言えるでしょう。 ただし、性欲には個人差も大きく、ホルモンの作用のほかに精神的な要因や脳の働きも関係しているため、一概には言えない部分もあります。 女性の性欲のピーク 女性の場合はさらに複雑です。 女性の体内にもテストステロンは存在していますが、20歳頃から40歳頃までは、テストステロン以上に、女性らしさを司 つかさど る女性ホルモンの「エストロゲン 卵胞ホルモン 」が性欲に関係していると考えられています。 女性の場合、テストステロンの分泌量は男性と同様に10~20代にかけてピークを迎え、それ以降は40歳頃まで一定の分泌が続きます。 一方、エストロゲンの分泌量は20代半ば~30代前半がピークで、それ以降は次第に減っていきます。 つまり、テストステロンの分泌が多い10~20代、エストロゲンが多い20代半ば~30代前半は、女性にとって性欲が高まる時期と言えるでしょう。 ただし、ホルモンの変動が大きい上に、恋愛やセックスにおいて男性以上に精神的な要因によって左右されやすいため、性欲のピークがいつかわかりにくい側面もあります。 一方、30代後半から40歳頃に女性の性欲のピークが訪れるという説もあります。 これは、エストロゲンの低下によって、テストステロンの影響が相対的に優位になるためではないかと考えられています。 また、人によっては、若い頃はセックスに抵抗があったのに、経験を重ねるにつれて開放的になり、性欲が高まってくるということもあるかもしれません。 性欲が高まるのは、生理前ではなく「排卵前」 「女性は生理前になると性欲が高まる」とよくいわれます。 女性ホルモンの変化で考えると、生理前はエストロゲンの分泌量が低下してくる時期なので、他の時期に比べて特別に性欲が高まるとは考えにくいです。 性欲が高まるとすれば、生理が始まってから約14日目に訪れる排卵日の頃。 その直前に、妊娠に備えてエストロゲンの分泌量が急増するので、この時期に性欲が急に高まるのは自然なことと言えるでしょう。 産後は授乳ホルモンの影響で性欲が激減 性欲が高まる時期があれば、減退する時期もあります。 ストレスや悩みを抱える時期にも性欲は減退しますが、ホルモンバランスの変化が原因で性欲が減退するのが、出産した後です。 産後は、妊娠中には最大限に高まっていたエストロゲンが急激に減少します。 加えて、「プロラクチン」というホルモンが分泌されるようになります。 プロラクチンには、排卵を抑制して母乳の分泌を促す作用があり、この影響で性欲も減退すると考えられています。 また、この時期の女性は、夜間の授乳や赤ちゃんのお世話で疲れがたまりがち。 産後は、ホルモンバランスの急激な変化のためにうつ気味になることも多く、精神的な要因が性欲の減退に関係している場合もあるでしょう。 上述のように、女性の性欲は、ホルモンのほか、心や体調、経験などさまざまな要因に左右されています。 性欲が高まるときもあれば、どうしてもその気になれないというときもあるでしょう。 男性とは異なる女性の性欲の感じ方について、パートナーにも理解してもらうことが必要かもしれません。

次の

生理周期を把握して賢くダイエット

生理 ムラつく

キャベツにつく虫 キャベツに虫がつくのは、虫を殺しつくすような強い農薬を使っていない証拠でもあるので、むしろ安心できる要素の一つではありますが、寄生虫・細菌・ウイルスを持っていないか、毒素を出すことはないのか、衛生面で不安な虫はいないのかなど心配なので調べてみました。 アカミミズ 名前の通り赤いミミズです。 通常のミミズと比べるとごく小さく、1㎜程度の太さで長さも1. 5㎝程しかありません。 普通のミミズと同じく、土壌を肥やしてくれる益虫ですので、アカミミズがついているということは、肥えた土壌で育った美味しいキャベツであることの証明となります。 食べても大丈夫なようです。 ただ、衛生面で問題なくても、気持ちが悪いのはどうしようもありません。 アカミミズがついていた部分をしっかり洗うか、そこだけ捨てるかすればよいかと思います。 アオムシ チョウやガの幼虫。 緑色をした長さ1~3㎝程度の細長い虫。 これも食べて害になるものではないため、ついていた部分をしっかり洗うか、ちぎって捨てるかすればよいのですが、ミミズと違って葉を食い荒らす害虫です。 あまりにも葉っぱ部分が食い荒らされてしまい、食べられる部分が少なくなっているようだとスーパーに苦情くらいは入れてもよいかもしれません。 アブラムシ カメムシの仲間です。 大きさが1~2㎜程度の昆虫。 キャベツによくつくのは、白色で粉をふいたようなダイコンアブラムシ、暗緑色のニセダイコンアブラムシ、淡緑色または赤褐色で透明感のあるモモアカアブラムシの3種類です。 ミミズやアオムシとは違って、複数でついていることも多いようです。 食べても害にはなりませんが、気持ち悪いので洗い流したいところですが、びっしりついていると洗っても取りきるのが大変かもしれません。 その場合、その部分はちぎって捨てるしかないでしょう。 虫じゃないもの 不規則についた白い粉や結晶のような塊があったとしたら、それはワックスブルームかカルスかもしれません。 どちらも無害です。 一体どういうものなのか調べてみます。 ワックスブルーム キャベツ自身が分泌しているロウ状の物質で、乾燥、病気、摩擦などから自らを守っているそうです。 葉っぱの表面に薄い膜としてバリア機能を果たしているのが、雨などで流れて、ムラができたり、一か所に集まったりして、白い粉の様に見えたり、結晶のような塊に見えたりするそうです。 カルス ワックスブルームは洗い流すとすぐとれますが、もし、取れない白い塊ならカルスだろうと思われます。 キャベツに何かの拍子に傷ついたとき、キャベツはその傷を治そうと白く盛り上がった塊を作ります。 それがカルスです。 いわばキャベツのかさぶたです。 キャベツそのものですので、当然無害です。 とる必要もありませんが、何となく気持ち悪い感じがするので、とってもいいと思います。 虫の卵の可能性 規則正しく並んでいたり、大きさが均一だったりすると虫の卵かもしれません。 参考サイト.

次の